ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

艦これの聖地「四鎮守府」が日本遺産に認定!ネットでは「これも艦これ人気」の声

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日本遺産認定四鎮守府の画像
(「旧軍港四市」webサイトより)

「ゲーセンから帰ってきてテレビつけたら鎮守府が日本遺産になってた」と話題に

文化庁は、平成28年度認定の日本遺産を発表した。全国の自治体から申請があった67件の内、今回は19件の文化財群が認定された。全国各地の日本遺産認定自治体が喜びに沸いたが、そんな中で注目を集めた認定遺産がある。
それは、横須賀・呉・佐世保・舞鶴の「旧軍港四市」四鎮守府だ。

「旧軍港四市」は、実は大人気ゲーム「艦隊これくしょん(艦これ)」の舞台となっているのである。認定の報がツイッターに流れるや、「艦これ」ファンからは喜びの声が上がった。最近稼働したSEGAの「艦これアーケード」ユーザーの「提督」たちの間でも「ゲーセンから帰ってきてテレビつけたら鎮守府が日本遺産になってた」「艦これ人気のせいかなあ」などと話題になっている。

今回認定された「旧軍港四市」の四鎮守府は、以下のとおり。「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~」として一括指定された。ゲームファンには、「艦これ」ブラウザゲーム版のサーバー名としてもお馴染みだろう。

神奈川県横須賀市の「旧・横須賀鎮守府(略称・横鎮)」
京都府舞鶴市の「旧・舞鶴鎮守府(略称・舞鎮)」
広島県呉市の「旧・呉鎮守府(略称・呉鎮)」
長崎県佐世保市の「旧・佐世保鎮守府(略称・佐鎮)」

「日本遺産」は、「我が国の文化・伝統を語るストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形・無形の様々な文化財群」(呉市webページより)を文化庁が一括指定する制度で、昨年から始まり今年で二回目。

艦これユーザーも驚愕の豪華さ!日本遺産認定「本物の提督様執務室」

呉市の日本遺産・鎮守府
(呉市webサイトより。思わず「この提督は廃課金勢だわ…」と思ってしまう豪華絢爛たる遺構)

日本遺産の構成文化財としては、上の呉市webサイトキャプチャーにもある通り、
それぞれの市に残されている鎮守府庁舎及び提督の旧宅、呉市の「大和ミュージアム」所蔵の戦艦「大和」の巨大模型ほか艦船の史料、造船所の遺構、海軍のレシピなどの文化財80点を一括して日本遺産として認定している。

なお、呉市の「旧呉鎮守府司令長官官舎」は国重要文化財に指定されており、明治ロマンあふれる洋館。「艦これ」のメイン画面でもある「執務室」の壁紙は人間国宝の作った「金唐紙」という豪華絢爛たるものである。この他、艦これユーザーの聖地巡礼でもお馴染みの「本物の横鎮提督様の執務室」こと「旧海軍横須賀鎮守府司令長官官舎」も日本遺産に指定された。(ただし、横須賀官舎は現在も米軍のセレプション用施設に使用されており、一定期間以外は見学不可。呉鎮守府は「入船山記念館」として公開されている)
艦これユーザー的には「この提督は廃課金勢だわ…」と思うほど、どれも立派な建築が残っている。

「海軍カレー」「肉じゃが」などの海軍グルメも楽しめる「旧軍港四市」の四鎮守府。これからも聖地巡礼で賑わいそうだ。

(キャプチャーは「旧軍港四市」webページ http://www.kyugun.jp/nihon_isan.html及び呉市webページ http://www.city.kure.hiroshima.jp/soshiki/7/kyugunsi-nihonisan.htmlよりキャプチャー)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 松平 俊介) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。