体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グラビアDVDは23作目!アイドルユニットでも活躍中の西永彩奈さんにインタビュー

4月25日にグラビアアイドル・西永彩奈さんの23作目となるイメージDVD「転校生」が発売されました。西永さんはグラビアアイドルとして活動されるなか、アイドルユニット・We-Z-u(ウィズユー)のメンバーとしても活躍中。

今回、そんな西永さんに新作イメージDVD「転校生」についてに加え、ユニット・We-Z-uのことについて詳しいお話を伺ってきました。

――今回発売されるDVDは、驚きの23作目ということで、おめでとうございます!
西永さん:ありがとうございます!

――今回のDVDは、いつもと違う面白い設定になっているそうですね。
西永さん:そうなんですよ。今までのDVDでは学園モノをたくさんやってきたんですけど、やっぱり内容が似たようなものになっちゃったりして。でも今回は、転校生っていうよくある役柄なんですけど、ただの転校生じゃなくて私と目が合っちゃうと男の子でも女の子でも、みんな私のことを好きになっちゃうっていう、特殊な力を持ってて。

――ちょっとSFっぽい感じ?
西永さん:そうですね。ちょっとSFっぽくって、みんなに好きになられて困っちゃうっていう(笑)

――なるほど。
西永さん:でも、一人だけ効かない人がいてその人とどうなるのかなっていうストーリーになってます。

――撮影中で印象に残っていることってありましたか?
西永さん:最近のDVDでは、OLさんとかナースとか、あまりやってこなかった衣装が多くて、久しぶりにガッツリ制服・ブルマ・スク水っていう王道に戻ったので、ホームに帰って来たなって感じました。

――注目してほしいシーンはありますか?
西永さん:わたし負けず嫌いで、跳び箱のシーンがあるんですけど、どうしても跳びたくて、何回も何回も跳んでるシーンがあるので、そこをぜひ見てほしいです(笑)

――それでは、所属されているユニット・We-Z-u(ウィズユー)についてお伺いします。ライブデビューをされたのが今年の2月とのことですが、ユニット活動は慣れましたか?
西永さん:最初のうちは1曲で対バンのライブに出てたので、「どうしよう……」っていう感じだったんですけど、今は2曲でギリギリやっていけてます。でも、まだまだなところがたくさんあるので……。9月4日に開催が決まっているワンマンライブまでに、どうもっていこうかなと……(笑) 楽しみだけど、不安もありますね。

――結成されたばかりということもあって、やはり課題も多いんですね。
そんな中ですが、メンバーとの変わったエピソードってありますか?

西永さん:メンバーの中ではわたしだけが二十歳で他の子たちは一つ下なんですけど、たまにイマドキの言葉を使って「なにそれ!?」ってなって、「えっ、西永さん知らないんですか!?」みたいなやりとりがありますね。

――もうジェネレーションギャップがあるんですか!?
西永さん:そうなんです。分からない言葉があって。知らないカメラのアプリを教えてもらったり。一つ違うだけで、私が疎いのかもしれないですけど、「知らないんですか!?」って言われることがあります(笑)

――例えば、どんな言葉がありました?
西永さん:「フロリダ」っていう言葉を、最近の女子高生は使うみたいなんですけど、わたし全然分からなくて(笑)

――ん? たしかに分からないですね(笑)
西永さん:お風呂から離脱するっていう意味らしいんです。

――あっ、フロ・リダ・ツ!
西永さん:そうです!LINEとかで「フロリダだわー」みたいな使い方をするらしいんですけど、そんなに使うタイミングもないし、使いこなせなくて(笑)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。