ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナレーションが鳥海浩輔! 『映画日本刀~刀剣の世界~』クラウドファンディング募集中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

現代の刀匠がロンギヌスの槍を再現して話題となった『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』や、ブラウザゲーム『刀剣乱舞』の人気などで脚光を浴びることが増えた日本刀。そんな中、名刀と呼ばれる刀剣やその主となった武将たちについてや、現代に伝わる刀工・刀剣研磨の匠の秘伝の技を紹介する刀剣ドキュメンタリー『映画 日本刀 ~刀剣の世界~』が、2016年5月下旬よりTOHOシネマズ日本橋に公開されます。日本刀をクローズアップしたドキュメンタリーは、映画史上初とのこと。

『映画 日本刀 ~刀剣の世界~』予告編 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=aJm2_dU5jPI [リンク]

ポスターでは、国宝・明石国行がその刀身を横たえ、三日月宗近(みかづきむねちか)、一期一振(いちごひとふり)、へし切長谷部(へしきりはせべ)といった日本刀の名が並び、「天下五剣」「国宝」「最上大業物」といった称号が名刀25振が一堂に会するドキュメンタリーをアピールしています。
映画では、刀工、刀剣研磨師へのインタビュー映像を交えながら代々伝えられてきた秘蔵の極意を一端を垣間見ることができ、名刀それぞれの細かな装飾や刃文までもが大画面で確認することができるほか、刀の製作過程が体感できる内容となっています。

今回、ナレーションは『刀剣乱舞』で三日月宗近の声を担当している鳥海浩輔さん。『とうらぶ』ファンとしてもチェックしておきたいところなのではないでしょうか。

現在クラウドファンディングサービス『MotionGallery』で支援を募っている劇場公開・海外映画祭出品プロジェクトは目標額の200万円を超え、2016年4月28日17時の時点で2983800円と300万円に迫る金額が集まっています。400万円を達成した際には、上映館の拡大と宣伝広告費に使われるとのことで、5000円以上の支援者を対象に映画特製ポストカードがリターンに追加されます。また、1万円以上の支援者はエンドロールに名前が記載されるとのことなので、気になる人は支援を検討してみてはいかがでしょうか。

『映画 日本刀 ~刀剣の世界~』

5月下旬、TOHOシネマズ日本橋他にて公開

出演:名刀/刀工:月山貞利、月山貞伸/刀剣研磨:本阿彌光洲、本阿彌雅夫/柳心照智流 矢作訓一
ナレーション:鳥海浩輔
協力:日本美術刀剣保存協会(刀剣博物館)、東京国立博物館、日本刀文化振興協会 河端照孝、ジャポニズム振興会東京サロン、銀座長州屋
提供:『映画 日本刀 ~刀剣の世界~』製作委員会   
上映時間:60分

配給・宣伝:プレシディオ

『映画 日本刀 ~刀剣の世界~』公式サイト
http://www.toukenmovie.jp/ [リンク]

『映画 日本刀 ~刀剣の世界~』劇場公開・海外映画祭出品プロジェクト(MotionGallery)
https://motion-gallery.net/projects/katana [リンク]

(C) 2016「映画 日本刀 ~刀剣の世界~」製作委員会

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP