ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【行ってみた】日本をテーマに発信! 『ビームス ジャパン』4月28日オープン

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ビームス リニューアル

BEAMS40周年。節目となる年に、日本をキーワードにした『ビームス ジャパン』が東京・新宿に4月28日にオープン。日本テーマに構想された、食、銘品、ファッション、コラボレーション、カルチャー、アート、クラフトといったカテゴリーにて展開。

ビームスロゴ

今回、編集部スタッフが店内を回遊。『ビームス ジャパン』でみかけた珍しいものや面白いものをご紹介いたします。

日本アイテムがずらり! 『ビームス ジャパン』へ行ってみた

店内の様子

店内の内装は、モダンな和。小さな盆栽が飾られていたり、照明など、どこか寄席や歌舞伎を想起させます。天井のアートは、日本古来の伝統的なデザインの雰囲気ですが、現代アーティストのカッズ・ミイダ氏が描いたもの。

1階にはスペシャルティ珈琲専門店の『猿田彦珈琲』

さるたひこ珈琲

店舗の外側から購入できるよう。

さるたひここーひーの

和のテーマにがっちりハマっています。こちらで発売される“ジャパンブレンド”の豆は『ビームス ジャパン』店舗限定。あんこなど日本のスイーツとの相性がいい珈琲。

ご利益ありそう? ゴールド色のキューピー

金色のキューピー

1階フロアでは日本ムード漂うお土産が並んでいます。

金のキューピーキーホルダー 金色のキューピー2

ゴールドカラーのキューピーさんを発見。このキューピーさん、足裏には『ビームス ジャパン』のロゴが入っていたりと手が込んでいました。

フリクションペンもビームス仕様

ビームス フリクションのペン

おなじみの文具メーカー、パイロットのフリクションペン。フリクションペンは書き心地など日本が誇る技術文具。

ビームス ペン

『ビームス ジャパン』限定のペンも。

ファッション

ジャケット

テーラー東洋への別注ジャケットなど。熟練の職人技が光るジャケット。

宮大工の職人が手掛けるスケートボード

サーフボード横

宮大工の職人が手掛けたスケートボードは、木材の特性を知り尽くした職人魂が光る逸品。

サーフボード けん玉 ラジカセ

ほかにもポップアートなけん玉や、昔のラジカセを修復して販売していたり、内装に軽トラを使用したりとどこかノスタルジーを感じる店内。

軽トラック

クラフトビールも和 洋食レストラン『CRAFT GRILL』

クラフトグリル

地下1階にあるのは洋食レストラン。舶来のレシピを日本の料理人が仕立て上げた独自のフードが楽しめます。

飲食店店内 エビフライ ビフテキ丼 カレー

メニューのラインナップは、エビフライやビフテキ丼、新宿百年ライスカレーなど。

ビール

クラフトビールも『アウグスビール ホワイト』『幕末のビール復刻版』『常陸野ネスト』など日本の銘柄が取り揃えられていました。

いかがでしたか?

このゴールデンウィークは銘品を眺めているだけでも楽しい『ビームス ジャパン』へお買い物にでかけてみては。『ビームス ジャパン』は2016年4月28日よりオープンしたばかりです。

公式サイト

ビームス ジャパン
http://www.beams.co.jp/beamsjapan/

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。