ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【画期的】20万回充電しても劣化しないバッテリーが米国で開発される!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PCやスマホ、その他ガジェット類などに使われている充電式バッテリーの難点は、使えば使うほどに劣化していくこと。俗に言う「電池の持ちが悪くなる」という現象だ。

この劣化問題を根本的に解決しそうなバッテリーの開発に、米国カルフォルニア大学アーバイン校の研究チームが成功した。なんと、20万回以上充電しても5%ほどしか劣化しないのだという。

・効率はリチウム電池の400倍!

発表によると、20万回充電してもさほど劣化しないというのは、現在使われているリチウム電池の400倍も効率がいいことになるとのこと。

この画期的な技術の鍵を握っているのが、極細の金ナノワイヤーだ。金ナノワイヤーは細いため、電気を保存する面積が広がるのだという。

そして、金ナノワイヤーを使えば使うほどに容電池量が大きくなる。

・長期間の使用が可能に

また、リチウム電池には電解液が用いられているが、金ナノワイヤーを二酸化マンガンでコーティングし、さらにジェルで包んだところ、ジェルが金ナノワイヤーの腐食を防ぐ作用が確認された。

つまり、この方法の電池は効率良く電気を保存しつつ、劣化しないので長期間の使用が可能になる。

研究チームの一人、Reginald Penner氏は「実際のところ、このメカニズムはよくわかっていない」と話しつつ、この技術の実用化に自信を見せる。

充電式電池は端末やガジェット、電化製品などで広く活用されているだけに、なるべく早い商品化を期待したいところだ。

研究結果は専門誌「American Chemical Society’s Energy Letters」に掲載された。

カルフォルニア大学アーバイン校

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP