体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現行ミニ5ドアのクーパーSを新車で買う? それ、ちょっともったいないかもしれません

現行ミニ5ドアのクーパーSを新車で買う? それ、ちょっともったいないかもしれません ▲第3世代となり、各部の質感も走りもかなりのレベルに達している現行ミニ。新車でそれを買うのも悪くありませんが、「5ドア」に関しては中古車に目を向けてみるともっとステキなことがあるかも?

▲第3世代となり、各部の質感も走りもかなりのレベルに達している現行ミニ。新車でそれを買うのも悪くありませんが、「5ドア」に関しては中古車に目を向けてみるともっとステキなことがあるかも?

今、走行数十kmからせいぜい0.2万kmぐらいまでの中古車が大漁です!

昨今の輸入ハッチバックの中では最もおしゃれでポップな存在のひとつであり、車としての実力も申し分ない現行ミニ。その新車を狙っている人も多いかと思いますが、ちょっと待ってください!

中古車市場には今、走行数十kmからせいぜい0.2万kmぐらいまでの「ほとんど新車みたいな中古の現行ミニ」があふれているのです。もちろん「ほとんど新車みたい」とはいえ中古車ですから、その価格は新車よりもお手頃です。新車を狙うのはステキですが、そういった中古車にも注目してみてはどうでしょうか?

ご承知のとおり現行ミニは大きく分けると3ドア版と5ドア版の2種類があり、今回注目していただきたいのは5ドアの方です。その理由は「5ドア版の中古車の方が価格面でのうまみがデカいから」です。編集部調べによれば、3ドアの「ほとんど新車みたいな中古ミニ」の相場は、実は新車価格とさほど大きくは変わらないのです。しかし5ドアの、それも「とあるグレード」に関しては、中古車の方のお買い得感が絶大です。それゆえ今回は現行ミニの5ドアに絞った形で話を進めていきたいと思います。

さらに、5ドアの「後ろにもドアが2枚ある」という事実は、家族がいる人間にとってはかなりありがたいものです。ミニ5ドアの後席居住空間は普通の5ドア車と比べるとやや手狭なのですが、お子さまの塾やスポーツクラブの送り迎えなどで頻繁に乗り降りをする場合は、ドアがあることが何よりも重要なことだと思います。

▲現行ミニが登場したのは14年4月。当初は3ドアのワン/クーパー/クーパーSの3グレードで販売され(他にやや特殊なジョン・クーパー・ワークスもあり)、その後5ドア版が追加されました

▲現行ミニが登場したのは14年4月。当初は3ドアのワン/クーパー/クーパーSの3グレードで販売され(他にやや特殊なジョン・クーパー・ワークスもあり)、その後5ドア版が追加されました

▲ミニ5ドアの後部居住空間はあえてやや狭めに作られていて、ちょっとした「穴蔵感」はあります。でもそれは決して窮屈に感じるものではなく、チャイルドシートなどの設置も余裕です

▲ミニ5ドアの後部居住空間はあえてやや狭めに作られていて、ちょっとした「穴蔵感」はあります。でもそれは決して窮屈に感じるものではなく、チャイルドシートなどの設置も余裕です

ただワンとクーパーに関しては新車で買うのがオススメかも?

さて、2016年4月14日現在、カーセンサーnetに掲載されている走行0.5万km以下の15~16年式ミニ5ドアは全部で180台。そのうち122台が走行0.1万km以下で、さらにその中の96台が走行500km以下なのです。……「市場には今、ほとんど新車みたいな中古の現行ミニ5ドアがあふれている!」と叫んでいる理由、おわかりいただけるかと思います。

どうしても新車じゃないと気が済まない人に無理やりオススメするつもりはありませんが、「書類上はまっさらな新車じゃなくても、コンディションがそれに近くて、そして予算面で確実におトクなのであれば、わたしは中古車でも全然構いませんよワハハハ!」というおうような感覚を持ちあわせている人には強くオススメしてみたい、昨今の現行ミニ5ドア中古車なのであります。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。