ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「光と影」の世界観を歌声と光のインスタレーションで表現、『くらやみ美術館』開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『くらやみ美術館』が、千葉・市原湖畔美術館で3月29日から開催中。

7 色の声を自在に操り、ノンジャンルの独自の音楽世界を創り上げてきたヴォイス・アーティスト、おおたか静流。NHK Eテレ『にほんごであそぼ 』への出演から、世界各地でのグローバルな音楽活動、そして絵本創作まで、多彩な活動を繰り広げる彼女が、アーティストグ ループ「ダ ムタイプ 」のメンバーとして日本のマルチメディア・パフォーマンスを先導してきた照明アーティスト、藤本隆行とともに、新たな表現世界に挑む本展。

おおたかが表現活動のテーマとする「光と影(Light & Shadow)」の世界観を、高さ8メートルの吹き抜けのある展示室に歌声とLEDの光によるインスタレーション作品として展示する。
カタチのない世界を表現する二人のコラボレーションを楽しみたい。

『くらやみ美術館』
2016年3月29日(火)~5月8日(日)
会場:千葉県 市原湖畔美術館
時間:10:00~17:00(土、日曜、祝日は延長あり、入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)
料金:一般600円 大高生・65歳以上500円
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP