体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シャープのモバイル型ロボット電話『RoBoHoN』が19万8000円で5月26日より発売 SIMフリーで独自の回線サービスも提供

IMG_2553

「目の付けどころ」が斜め上をいき、「目指してる、未来がちがう。」でおなじみのシャープが開発したモバイル型ロボット電話『RoBoHoN(ロボホン)』

昨年10月の『CEATEC2015』にも出展され話題を呼んだこの製品が、5月26日(木)より発売、公式サイトなどで4月14日(木)より予約販売を開始すると発表されました。本体価格19万8000円(税抜き)に加え、利用には月額980円(税抜き)のココロプランへの加入が必要となります。

『RoBoHoN』とは

IMG_2433

『RoBoHoN』は二足歩行が可能なヒューマノイドロボットとしてだけでなく、モバイル通信(LTE/3G)に対応し、電話やメール、カメラ(約800万画素CMOS)など携帯電話の基本機能も併せ持つ世界初のモバイル型ロボット電話。

IMG_2518

全高は約19.5cm。全高約13.8cmの『iPhone6s』と比べると文字通り頭ひとつ分が飛び出る大きさです。

IMG_2515

重量は約390gで、持ち運び用のキャリングケースも別売りされています。持ち運びする勇気があるかは別として、見た目はかなり可愛いです。

プロジェクターの機能を搭載し、カメラ機能で撮影した写真を背中のディスプレイに表示するだけでなく、メールで送信したり、プロジェクター機能を使ってスライドショーで楽しむことも可能となっています。

IMG_2493

さらに、専用アプリケーションで提供される各種サービスを『RoBoHoN』と対話しながら操作することができ、リマインダ、アラーム、検索、音楽・動画、天気、ニュースなどのアプリが予め内蔵されています。

今後は、レストラン検索、クイズゲーム、今いる場所にタクシーを呼ぶことができるアプリ、対話しながら料理を作ることができるレシピのアプリなど、スマホの機能に対話の楽しさを加えた様々なアプリケーションを順次追加していくとのことです。

関連記事:【CEATEC2015】スマホじゃなくて“ロボホン” シャープが電話にもなるロボット『RoBoHoN』を出展
http://getnews.jp/archives/1181589[リンク]

月額利用料金について

IMG_2457
1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。