体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

個性派シンガーが大集結! 吉河順央&ささかまリス子がMOGRAで創り上げたアニクラ活躍劇

mogra_20160331_01

2016年3月31日(木)秋葉原MOGRAにて、吉河順央&ささかまリス子主催イベント『どんどん破天荒ジャック』が開催された。平日にもかかわらず、オープンから続々とオーディエンスが集まり、会場を埋めつくしていく。そんなイベントを繰り広げる吉河順央とささかまリス子の掲げる破天荒とはいったいどのようなものなのだろうか?

吉河順央(サイズ変更) ささかまリス子(サイズ変更)

本イベントの主催者である吉河順央(以下 すぅちゃん)・ささかまリス子(以下 リス子さん)とはいったい何者なのだろうか? 
彼女たちは、全国各地のアニソンクラブ(以下 アニクラ)を渡り歩くミュージシャン。秋葉原ディアステージの店長経歴を持つ二人だが、現在は自分たちの夢や目標に向かって着々と活躍の場を広げてきた。そんな彼女たちはお互いの主催するイベントで、個性豊かな仲間とつながり、全国にいる自分たちのファンに会いに行ったり、知名度を上げるため、各地のアニクラを訪れては歌声やパフォーマンスを披露したりしている。今回、カリガリ二木ディスク百合おんDJ EVANGELION細身のシャイボーイイザベルの5人が、2人のイベントの盛り上げに協力してくれた。

主催者の一人であるリス子さんは、「二息歩行」「キグルミ惑星」「Vanilla」など、ソロアーティストとして自身の歌声を披露した。普段はTHE PARTY CLIMAX JAPAN(通称 パークラ)というユニット活動をメインにしており、今回ソロとして貴重な見せ場となる。
特に注目すべきステージは、一人ミュージカル・アイーダより「儚い喜び」だ。もともとバンドをやっていた彼女のイメージからは想像できないクオリティの高さに、それまで盛り上がっていたオーディエンスも思わず静かに見守ってしまうほど。キレのある歌声と迫真の演技に、男女問わず見惚れてしまうほどだった。秋葉原ディアステージでは『劇団ささかま』を旗揚げしてしまうほどのミュージカル好き。もしかしたら、彼女は演劇役者としてのセンスを持ち合わせているのかもしれない。

吉河順央

そして今回のイベント企画・発案者であるシンガーのすぅさん。彼女の魅力は何といってもハイクオリティなパフォーマンスだろう。歌唱力・演出・雰囲気など、どれをとっても群を抜いていた。そんな全力投球の光景を目の当たりにしたら、会場に集まるオーディエンスも黙って見ているはずがない。全員フルスロットルでヲタ芸を打ち、全力で彼女ためにコール&レスポンスを繰り広げた。それに応えるかのように、すぅさん自身も歌をうたいながらヲタ芸を打ち、会場全体の気持ちを一体にしていく。そんな彼女の盛り上げようとする姿勢に惹かれて、ファンたちは会場に集まりエールを送っていた。

誰もマネをすることができないパフォーマンスを披露したすぅさんリスさんにコメントをいただいた。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy