体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すごい熱気! 700名以上の逮捕者が出たウォールストリート占拠運動のネット生中継&動画

Global Rebolution

10月1日(現地時間)、ニューヨーク市内のブルックリン橋で車道に出たデモ参加者700名以上が逮捕されました。このデモは、『Occupy Wall Street(ウォールストリートを占拠せよ)』を掲げて2週間以上にわたって、金融界への抗議を目的に行われているもの。昼夜を問わず続いている占拠活動の様子は、『livestream』でネット生中継されており6000~8000人が常時視聴しています。

生放送動画から伝わるすごい熱気!――「世界中から何千人もの人たちが見ているのよ!」デモ隊を押さえこもうとする警察官に女性が叫んでいます。「Excuse Me! ライブ放送をしています!」と声をかけながら「Occupy Wall Street!」と叫ぶ人々をかきわけて、中継担当のメディアクルーがカメラを回しています。 この間に行われたデモ活動の録画も残されており、ブルックリン橋での逮捕シーンもしっかり記録されています。

Occupy Together

『Occupy Wall Street』は、人種も背景も、政治的信条も信仰も問わない非暴力による抗議活動として、ウォールストリートのズコッティ公園にて9月17日にスタートしました。彼らは「アメリカの1%の富裕層による強欲さと腐敗を終わらせる」ことを目的に活動しており、残り99%の人々を代表すると主張。オバマ大統領に対して「ワシントンの議員に対してカネの影響力をなくす委員会設置」などを求め、約数か月間ウォールストリートを占拠する活動を続けるとしています。女優のスーザン・サランドン氏、映画監督のマイケル・ムーア氏も賛同を表明しています。

活動開始から約半月が過ぎ、参加者の広がりに伴ってスローガンも「学費が高すぎる」「地球温暖化に歯止めを」などと多様化している模様。また、ウォールストリートでの占拠活動に連帯するかたちで、『OCCUPY TOGETHER』というウェブサイトも作られました。占拠活動は全米100か所以上の都市が参加し、さらに世界へと広がりを見せているようです。デモ活動などのイベントは、『Twtter』『Facebook』などを通じて伝えられ、その様子は『livestream』などを利用したネット生中継や動画で報告されています。

GlobalChange

日本でも『Occupy Tokyo』が立ちあがったようす。現在、Facebook上にグループが作成されています。まだ、具体的なイベントは予定されていないようですが、今後の動きが気になるところです。また、『OCCUPY TOGETHER』とは別に、10月15日に街頭デモを呼びかける『15th october #globalchange』という動きもあるようです。

同サイトでは、ごく少数の人間が利益を得るために、世界の多くの人たちが望まない自然環境と人間的な犠牲が払われている、耐えがたい状況を終わらせるべきだと主張。「10月15日に、私達は、私達が望むグロ-バルチェンジを開始するために街頭で会おう」と、平和的デモを呼びかけています。こちらも、日本での賛同者が何人か現れているようです。

Livestream- globalrevolution
http://www.livestream.com/globalrevolution
Occupy Wallst
http://www.facebook.com/OccupyWallSt
Occupy Tokyo
http://www.facebook.com/groups/OccupyTokyo
15th october #United we will re-invent the world
http://15october.net/jp/
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。