体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『デアデビル』主演チャーリー・コックス来日インタビュー 『Netflix』にてシーズン2が配信中

daredevil_3

『Netflix』にてシーズン2(全13話)が配信中のドラマシリーズ『デアデビル』。かつて映画化もされたマーベルの人気コミックスを原作とし、物語は『ジェシカ・ジョーンズ』『ルーク・ケイジ』『アイアン・フィスト』とクロスオーバーしながら、後にヒーローたちが共闘する『ディフェンダーズ』へとつながっていく構想も発表されている。

主人公のマット・マードックは、幼い頃に不慮の事故で視覚を失い、その代償に超人的な感覚を手に入れた弁護士。無数の欲望渦巻くニューヨークのスラム街ヘルズ・キッチンを舞台に、昼は盲目の弁護士、夜はクライム・ハンター“デアデビル”として法では裁ききれない悪へと立ち向かう。

このたび、マット役を演じるチャーリー・コックスにインタビューを行った。

Marvel デアデビル シーズン2 特別映像(YouTube)
https://youtu.be/TqzGi64Gr9Y

――シーズン1は、言わばデアデビルが誕生するまでの物語です。ひとりのキャラクターをあそこまで丁寧に掘り下げて語れるのは『Netflix』ならではだと思いました。

コックス:毎週放送されるテレビシリーズとは脚本のスタイルが違うんだ。テレビの場合、次の週も視聴してもらうためにクリフハンガー(その続きが気になるような中途半端な終わり方)を用意して、翌週には前回のあらすじが必要になる。ドラマの貴重な時間がどんどん減ってしまうんだ。でも、『Netflix』の場合はそういう問題が一切ない。13時間の映画を作っているような感覚で、時間を無駄使いすることなくどんどんと話が進んでいく。1話ごとに休憩を挟めるような作りにはなっているけど、もちろん一気見することも可能だ。

daredevil_main

――マットは目が見えないけど身の周りのあらゆる状況が理解できている、という特異なキャラクターです。さらに、弁護士の時とデアデビルの姿では演じ方も異なりますよね。

コックス:まずは“見えない”という意識が一番で、盲目であることに非常に重点を置いている。彼は感覚が優れているから、ある意味で目が見える人よりも多くのことを感じられる。だから、誰と一緒のシーンなのかが大切なんだ。(デアデビルの正体がマットだとは知らない)カレンとのシーンでは、特殊な能力について感づかれないように杖を使ったり物を指で触って確かめたりする。でもひとりのシーンでは普通の人と同じように行動している。撮影中はそれが難しいんだよ(笑)。死角になっているところの物をつかんだり、手元を見ずに傷口を縫う演技をしたり……、かなりのテイク数を重ねたよ。

――そんなマットに対して、シーズン2では新たに盛りだくさんの危機が迫ります。人気キャラクターのパニッシャーとエレクトラの参戦を聞いて歓喜したファンも多いはずです。

コックス:シーズン1で、マットの目的は宿敵ウィルソン・フィスクを倒すことに集中していた。そして、フィスクを始め、彼とつながるロシア・中国・日本のマフィアたちの前に突如としてデアデビルが立ちはだかる物語だった。でもシーズン2では、アイルランド・ロシア・中国・日本のマフィア、バイカーギャング、そしてパニッシャーやエレクトラ、さらにはフォギーやカレンの問題を含めた事務所の危機まですべての出来事がマットに対して降りかかる。その一つひとつの問題に蓋をしていくんだけど上手くはいかず、マットという人間が少しずつ崩れていく、という構造になっているんだ。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。