体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VRコンテンツもWEBで。Mozillaが「WebVR 1.0 API」を公開

Mozilla がバーチャルリアリティ(VR)を WEB コンテンツとして提供できるようにする「WebVR API」の案を公開しました。現在の VR コンテンツは、アプリ・デバイス別に配信されていることがほとんどで、統一されていません。様々なところに散在している状況で、Mozilla はこの断片化した状況を刷新するために WebVR API を開発しました。これを利用すると、開発者は WEB ブラウザで直接 VR コンテンツを視聴できる VR コンテンツを開発できるようになります。Google と Microsoft は Mozilla が提案した新しい WEB 標準を支持する声明を出しており、Google は WebVR API の案を今後、カスタム Chrome ビルドとして提供する予定だとしています。Source : Mozilla

■関連記事
Androidの標準電話アプリに隠されたイースターエッグ、IT Crowdの名ジョークに反応
Xperia Z5 Premiumでもピンクカラーの発売が噂される
Micromax、CyanogenOSを搭載した「YU」ブランドの新型スマートフォン「YU5200」を開発中

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。