体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スカッと泥ドロ青春ホラー! あたらしいJホラーの形を提示する映画『ドロメ』内藤瑛亮監督インタビュー[ホラー通信]

drome

同じ時間に同じ場所で起こった怪現象を、女子目線・男子目線それぞれに描いた二本立て、という新鮮な作りが興味をそそる青春ホラー『ドロメ』。森川葵主演、女子目線の『ドロメ 女子編』と、小関裕太主演、男子目線の『ドロメ 男子編』が3月26日より同時公開となる。

今作を手がけたのは、『先生を流産させる会』『パズル』『ライチ☆光クラブ』など、重い題材や容赦ないゴア描写のあるショッキングな作品を作ってきた内藤瑛亮監督だ。

しかし一転、『ドロメ』は笑いあふれる青春ドラマをベースに、ホラーファンもソソる伝統的ホラーの要素を“泥”を使った前代未聞のスタイルで盛り込み、刺激的でありつつも多くの人が楽しめるポップな快作になった。

初めて出会う女子校演劇部と男子校演劇部の合同合宿で、甘酸っぱい恋模様を描くのと同列に、心霊現象・異形の泥モンスター登場・泥によるゾンビ感染めいたことまで巻き起こり、それらと対峙する主人公の成長物語となっているのだ。全編に笑いもあり、観たあとに爽やかな多幸感に包まれるこの作品には一体どんな秘密があるのか? 内藤監督にインタビューをおこなった。

予告編とすべての画像が表示されない方はこちら

“倒して成長する”新しいJホラーのかたち

記者:これまでの作品よりすごく明るい印象の作品になりましたね。

内藤:結構陰惨な作品ばかり撮っていて、おんなじパターンをやっていると作り手としても劣化してしまうし、今回は明確に明るい、スカッとするものにしようと思って作っています。Jホラーは今なかなか新しい表現も出てこないし、ちょっとシリアスすぎて、縮小再生産に入っている気がしていて。もっと楽しいホラーがあってもいいじゃないかと。

アメリカン・ホラーとJホラーってモンスターの立ち位置がまったく違うと思うんですよ。アメリカン・ホラーのモンスターは主人公の弱さの象徴で、それを倒すことによって主人公が成長できる。だけどJホラーの場合は弱さの象徴じゃないから“倒せない”んです。たとえば『リング』の松嶋菜々子さんが演じる主人公も、貞子に対してなにもできずに終わってしまう。だからこそ貞子は怖いんだけど。僕の資質は子どものころに観ていた80年代のアメリカン・ホラーにあると思っていて。なので、「倒して成長しよう!」と(笑)。Jホラーの雰囲気で始まるけど、アメリカン・ホラーの雰囲気に転化していく。そういう風に作ろうと思いましたね。

s-メイン_大

ホラーの伝統に敬意を表してパロディにする

記者:ドロメを作るにあたって影響を受けた作品ってありますか?

内藤:『ドロメ』はアメリカのコメディも参考にしてますね。日本で公開されなかったんですが、『21ジャンプストリート』『ネイバーズ』『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』とか。アメリカンコメディは下らないだけって捉えられがちですけど、実はすごくクオリティが高くて、ああいう作品もちゃんと主人公の成長物語になっている。まあその成長が結構しょうもないことだったりするんだけど(笑)。ギャグの作り方も参考になりました。メイキングを見ると、アドリブで結構ギャグを言って、その場では滑っていても面白いところだけかいつまんで使ったりしてる。ギャグは作り込み過ぎてもだめで、その場の空気感が重要かなと。『ドロメ』でもそれは大事にしています。

1 2 3次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。