体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手軽に本格レースが楽しめる! 元F1レーサー山本左近氏監修『のんほいサーキット』

001

レースの入門というとレーシングカートと言われますが、決してカジュアルに楽しめるものではありません。車体や用品を購入し、ライセンスを取得する必要があるからです。 
一方で遊園地のゴーカートはレールの上を走るため追い抜いたりすることは出来ません。正直、ゴーカート以上、レーシングカート未満というものがなかったのが現状です。 
愛知県豊橋市の動植物園の『のんほいパーク』に出来た『のんほいサーキット』は、ゴーカート以上レーシングカート未満を楽しめる「スポーツカート」で、今までの遊園地にはないモータースポーツの楽しみを体験できます。

車体もコースも本格的です

002

車両は見た目はレーシングカートです。これに乗るだけで気分が高まります。

004 003

本格サーキットのようなコースです。もちろん追い抜きも許されます。

005

直線区間が短いテクニカルなコースです。勝利するにはコーナーリングのテクニックが重要です。難しいですが、直線区間が短いということは最高速度が低く安全性は高いです。

006

アトラクションにしては殺風景な入り口です。他のアトラクションのような受け身では楽しめないと言っている感じです。

007

「豊橋出身元F1パイロット 山本左近監修」です。地元出身のレーサーが監修しているので本格的なのは当たり前かもしれません。筆者としては最高速よりテクニカルなコースレイアウトにしたことは良いと考えています。

008

地元ネタ(実は筆者の地元)ですが、この岩はかつてここに設置されていたジェットコースターの一部分でした。これは山本左近氏の提案で残されました。子供の時のジェットコースターに思い出があったのだと思います実際、絶叫マシンと言えるアトラクションが来たと盛り上がりもありました)。また、岩の間を走り抜ける感覚はよりスピード感を味わえるとのことでした。

009

電光掲示板です。全ての車両は本格的レースと同様にチップ計測(車両に搭載されたRFIDチップでタイムを計測すること)が行われます。単なる遊びではなく、より本格的な練習に結びつきます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy