ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本格的なピザが家で作り放題!500度、90秒で焼きあげる家庭用ピザ窯「Roccbox」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「猛烈にピザが食べたい…」定期的に襲ってくるこの衝動。一説によるとピザには麻薬並みの中毒性があると言われており、この衝動を抑えるのは難しい。

デリバリーでピザを頼むのも楽しいが、ピザが大好きな人は「Roccbox」を使ってみてはどうだろう。

・小型ながらプロレベルのピザを作れる!

Roccboxは家庭用の小型ピザ窯で、15分間温めれば窯の中の温度は500度に達し、わずか90秒で本格的なピザを作ることができる。

大きさは413×531×473、重さは20キロ。小型ながら本格的な作りで、石がオーブンの中に使われている。ガスだけでなく、薪で焼くことができるのもピザ好きにはうれしい限りだ。

・持ち運んでの利用も!

ピザに限らず、魚や肉も焼くことができる。高温で一気に焼き上げるため、表面をパリッとした食感に仕上げ、中の水分はあまり飛ばないので、ジューシーに仕上げることができる。

部屋の中でピザを焼くだけでなく、ビーチやバーベキュー場でもピザを焼くことを想定しているため、持ち運びも可能。20キロなので成人男性であれば問題なく持ち運びができそうな重さだ。

・作り手のピザにかける思い

この機械を使った「Roccbox」を作り上げたTom Gozneyさんは、熱源に木を使い、誰でも気軽に使える石窯のオーブンを作るために6年前に会社を立ち上げ、他社の製品を打ち負かすような窯に仕上げたとのこと。

価格は一個429ドル(約4万9000円)と送料から。サイズは黒と緑の2職展開。もう少し暖かくなれば、この窯を使って外でピザパーティーなどを開くのも楽しいかもしれない。

Roccbox: The Portable Stone Bake Pizza 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP