体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「楽器がもし歌ったら…という感覚で歌う」 『まど☆マギ』EDを歌ったKalafinaにインタビュー

『まど☆マギ』EDを歌ったKalafina(カラフィナ)

 『.hack』シリーズや『機動戦士ガンダムSEED』など、アニメやゲーム、映画などの音楽を数多く手がけてきたプロデューサー・梶浦由記さん。「Kalafina(カラフィナ)」は、そんな梶浦さんがプロデュースする女性3人組のボーカルユニットだ。これまでにもアニメの楽曲を歌ってきたKalafinaは、2011年9月21日に「Magia」(『魔法少女まどか☆マギカ』エンディングテーマ)、「輝く空の静寂には」(『黒執事』劇中歌)を含むアルバム『After Eden』を発売する。だが、楽曲の知名度に比べ、Kalafinaの素性については謎に包まれているところが多い。そこで、アルバム発売を前に、3人に話を聞いた。

■「リーダーがいないから支え合っている」

――はじめに、Kalafinaについて教えてください

「メンバーのなかで一番しゃべる」というWakanaさん

Wakana: Kalafinaは『空の境界』という劇場版アニメの主題歌を歌うためのユニットとしてスタートしました。7曲も主題歌を歌わせて頂いたので、始めはずっと空の境界と一緒に歩んでいるという雰囲気でした。その後(Kalafinaがエンディング テーマを歌った)アニメ『黒執事』が始まったとき、Kalafinaの「第2期スター ト」という感じでしたね。ライブなんてするとも思っていなくて、(プロデュー サーの)梶浦さんの作る世界観を表現するということに精一杯だったんです。でも今、Kalafinaがスタートしてから3年半、ライブを始めてから2年くらいになって、「Kalafinaというものが、自分たちのことなんだな」とわかってきたような気がします。

――Kalafinaではリーダーが決まっていないということですが。

Wakana: そうなんです。だからこそ、お互いに助け合っているという感じですね。

Keiko: 誰かが困ってるときは誰かが助ける、ということが自然にできる関係なので、逆にリーダーがいなくてよかったなと思います。

――歌うときにも、それぞれがメインボーカルをやっているそうですね。

Wakana: 「一人ひとりがメイン」というのが、Kalafinaのコンセプトなんです。3人それぞれ違う声の持ち味があるので、一人ひとりの個性を活かしています。私はクラシックをやっていた分、声楽っぽい歌い方を要求されるし、Keikoはロックの歌い方で、HikaruはJポップ。2人ともロックっぽい曲がすごくかっこ良くて、そこに私の声楽の歌い方が入っていくと、Kalafinaらしさが出るのかなと思っています。

――ミステリアスなイメージのあるKalafinaですが、皆さんのプライベートはどんな感じですか?

Hikaru: 寝てるか、読書、パズル、DVDを見たりとか・・・インドア派ですね。最近は海外ドラマの『NUMB3RS』を見ました。

Keiko:  私は体を動かすのが好きなので、プライベートでは目標を決めてアクティブにトレーニングをやっています。飽きないようにグッズとかも変えてやってます。足の外側の、立ったときに筋が出る”美脚ライン”がすごく好きなんですけど(笑)。なかなか難しいので、ゆっくりやっていこうと思います。

Wakana: 私は「あまりしゃべらないんですか」と言われるんですが、この中で一番良くしゃべります。声楽をやっていたということもあって体を動かすのも好きで、最近は「毎日1万歩を歩くぞ」って意識してるんですね。あと、料理を作ることも好きなんですよ。特にみじん切りが好きなんです。とにかくみじん切りがしたくて・・・。すごくストレス発散になりますね。

■「楽器がもし歌を歌っていたら」 ”梶浦語”を語る

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会