体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファン待望!『聖闘士星矢』劇場版5作品が完全ブルーレイ化!

聖闘士星矢 劇場版ブルーレイ発売 記者会見

あなたが最も好きだったアニメは何ですか。
そう問われたら、私は迷うことなく『聖闘士星矢(セイントセイヤ)』と答えます。
このアニメがあったからこそ、私は星座に興味を持ち、神話に親しみ、あげく占い師になったと言っても過言ではありません。
原作を全巻そろえるのはもちろん、テレビアニメは毎週録画し、ビデオが擦り切れるほど観て、劇場版が公開された時には何度も映画館に足を運んだものです。放課後、友人たちと、「オーロラエクスキュージョン!」「降伏か死か……スカーレットニードル・アンタレス!」などと必殺技の真似をして遊んだのも、昨日のことのように思い出せます。

その『聖闘士星矢』の劇場版5作品が、『聖闘士星矢 THE MOVIE Blu-ray BOX 1987~2004』というセットで、ブルーレイになってよみがえるというのですから見過ごせません。さらに、記者会見の場には、初代星矢の声優をつとめた古谷徹さん、同じく初代城戸沙織(女神アテナ)の声優をつとめた潘恵子さん、そして劇場版では3作品を手がけた山内重保監督がいらっしゃると聞いて、いてもたってもいられなくなった私。
他の仕事もそこそこに、いそいそと記者会見会場へ行ってまいりました。

左から潘恵子さん、古谷徹さん、山内重保監督

左から、潘恵子さん、古谷徹さん、山内重保監督。

古谷徹さん

古谷さんは、なんと星矢の普段着のコスプレで登場。髪形まで完璧に星矢になりきっていました!

潘恵子さん

潘さんはとにかくお美しくて、まさに女神アテナのイメージ!

山内重保監督

大柄な山内監督は古谷さんと共に、撮影から会見にいたるまで天然っぷりを振りまく潘さんのツッコミ役になっていました。

質疑応答

――『聖闘士星矢』という作品が、25年という四半世紀もの間、世界中の人に愛されてきた魅力は何だと思いますか。

古谷:正義、友情、勇気、そして愛という熱血ヒーローの定番であることはもちろんですが、神話や星座といったスケールの大きいロマンがあることも魅力のひとつだと思います。また、この業界の巨匠が数多く関わり、声優陣が自分の役を活かしきっていたことも作品に生きていたと思います。

潘 :神話や星座などをモチーフにしているので、神秘的で男女問わず楽しめる作品。新鮮で、荘厳で、ドラマチック。(実写の)映像ではできないことをアニメではやっているのも、魅力ですね。

山内:(古谷さんと潘さんに)みんな言われちゃった(笑)。今のようなデジタル技術がなかった時代、小宇宙(コスモ)を燃やして一生懸命作っていたからこそ、長年愛されてきたのだと思います。

――古谷さんにうかがいますが、四半世紀、星矢というキャラが愛されてきたことについては、どのように感じていますか。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。