体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いくらなんでも高すぎ!! 600円で販売されているLINEスタンプを探してみた

00

一般人でも販売ができるようになったLINEクリエイターズスタンプ
実は昨年の12月より少しだけ仕様が変わり、今まで販売価格は一律120円だったのですが、120円・240円・360円・480円・600円のどれかで自由に設定できるようになったのです。

LINEがオフィシャルに販売しているスタンプの価格は240円。
動いたり声が出たりするスタンプでも240円です。

果たして、そんな中600円という超強気価格で販売する人などいるのでしょうか。

気になったので調べてみたところ、いました。

かなり少数派ではありますが、いくつか見つけ出すことができたので紹介してみたいと思います。

01

600円の高級感を売りにしているスタンプ

600円で販売されているスタンプの中には、600円という価格=高級感を売りにしているものがいくつかありました。

【プレミアム】お金持ち専用スタンプ

02_【プレミアム】お金持ち専

お金持ち専用というだけあって、ゴールド系だけで配色されていました。
かなりいやらしい感じに仕上がっていますね。

https://store.line.me/stickershop/product/1241677/ja

【セレブ専用】Mr.上から目線

03_【セレブ専用】Mr.上から

漫画家の菅原県さんのセレブ専用スタンプ。
やはりキャラクターはゴールドでいやらしく輝き、相手を見下しています。

https://store.line.me/stickershop/product/1239361/ja

うさぎ600円。

04_うさぎ600円。

タイトルにも堂々と600円という単語が入ったスタンプ。
こちらもやはり、ウサギのキャラクターがゴールドです。

https://store.line.me/stickershop/product/1232095/ja

どのスタンプも、高級感=ゴールドという安直な感じが良いですね。
とてもわかりやすいです。

とても600円には見えないスタンプ

一方、あえてやっているのか、まったく600円には見えないスタンプもありました。

セレブ専用スタンプ

05_セレブ専用スタンプ

なんとセレブ専用をうたいながらも、マウスで下書きもせずに描き上げたようなスタンプです。
これも立派に600円の高級スタンプなのですから驚きです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会