体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

試食や試乗はあるのになぜ家は試せない?「試住」させてくれるモデルハウスに住んでみた!

01IMG_6471_R

家を建てるときに必ずと言っていいほど参考にするのがハウスメーカーのモデルハウスやモデルルーム。
たいていは明るい営業時間内に内覧し、説明を受けながら好みの家づくりに期待を膨らませるものだ。
そんな中で、「モデルハウスに住んで試してみてください」というメーカーがあるというので記者が実際に「住んで」みた。

02-2016-02-23 10.02.00_R

やってきたのは群馬県に本拠地を置く斉藤林業。
最初に各社のモデルルームが多数ある高崎展示場で一般的なものを内覧した後で、実際に住んでみる家に行った。

03IMG_6375_R

記者の本日の宿となるモデルハウスで、同社の齋藤英之社長に話を聞いてみた。
写真は実際に住めるように家具や食器等が整えられれているダイニングキッチン。

宿泊には500円の宿泊料金が必要だが、住むのに必要なものはたいていそろっている。
今までは電子レンジや湯沸かしに制限されていたキッチンだが、調味料と食材を持ち込めば調理することが可能となる予定だそうだ。

05IMG_6387_R

家の中には暖炉が置かれていた。もちろん使用することができる。この暖炉は本体60万円、煙突60万円とのこと。

--特徴を教えてください?

「もともとは、社名からもわかるとおり林業からスタートしました。いろいろな工法を試しましたが、今では日本古来の伝統的な建築様式である在来工法で、いいものを標準仕様とすることで大量に仕入れてコストダウンをはかり、それができないところは自社工場で作ってしまうという考え方でやっています」

06IMG_6360_R

写真は暖炉から伸びる煙突。

在来工法とは木造軸組構法のことで、建築様式の一つ。簡単に言うと梁(はり)と柱で家を支える日本では一般的な工法である。
輸入住宅等に用いられる木造枠組壁構法は壁、つまり面で支える方式でツーバイフォー(2×4)工法が知られている。ツーバイフォーは米国由来の工法で、基本となる部材の多くが2インチ×4インチなので、この名が定着した。

07IMG_6371_R

写真は2階から見下ろした暖炉。

在来工法は日本の様式なので、主に尺モジュールと呼ばれる尺貫法が用いられる。概ね1818ミリメートルを1間(けん)=6尺として計算するが、1間を2メートル(半間=3尺を1メートル)としたメーターモジュールも存在する。畳は1間×半間(6尺×3尺)が1帖となるが、どのモジュールを使用したかによって1帖の面積は異なることになる。さらに日本国内でも1間を6尺3寸とした京間や、5尺8寸とした江戸間等、様々な寸法の違いがあり、地方によって1帖の面積は異なることを知っておくと良いだろう。
法律的には使用できないが、概念として一般的に用いられる坪数も2帖分を1坪として計算するので、尺貫法がいまだに残っている分野ともいえる。

08IMG_6351_R

写真は主寝室。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。