ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『PlayStation Vita』から適用 ドコモがプリペイドのデータ通信プランを12月17日開始へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

『PlayStation Vita』から適用 ドコモがプリペイドのデータ通信プランを12月17日開始へ

NTTドコモは、料金を前払いで一定期間、一定時間の3G通信が可能になる『データ通信専用プリペイドプラン』を12月17日から開始します。ソニー・コンピュータエンタテインメントが同日に発売する携帯ゲーム機『PlayStation Vita』から適用を開始するもの。対応端末は『PlayStation Vita』のみ発表されており、スマートフォンやタブレットに対応するかどうかは、今のところ不明となっています。

発表された料金プランは、『プリペイドデータプラン 20h』と『プリペイドデータプラン 100h』の2種類。『プリペイドデータプラン 20h』では20時間のデータ通信が可能で、有効期間は30日間。料金は980円です。『プリペイドデータプラン 100h』は、103時間のデータ通信が可能で、有効期間は180日間。料金は4980円です。

通信速度は、受信が最大128kbps、送信が最大64kbps。『プリペイドデータプラン 100h』の場合、103時間のうち3時間のみ受信最大14Mbps、送信最大5.7Mbpsの『FOMAハイスピード』の通信が可能になります。

料金プランの更新手続きは、30日または180日の有効期間を過ぎてから14日間の更新猶予期間を設けており、その期間内に専用サイトから更新しない限り、自動解約となります。自動解約となった場合にはまた新規契約が必要になり、契約後に新しいSIMカードが郵送される仕組み。契約事務手数料は2100円かかります。

『PlayStation Vita』の3g/Wi-Fiモデルには、キャンペーンにより『プリペイドデータプラン 20h』または『プリペイドデータプラン 100h』で初回分の料金と事務手数料が支払われたSIMカードが同梱されており、本体の購入後すぐに3G通信が可能になるとのこと。

『FOMAハイスピード』の高速通信で定額の利用をしたいユーザーは、ドコモが既に提供している定額データプランを別途申し込むことが可能。こちらは2年縛りで上限5985円の2段階定額プラン、やはり2年縛りで完全定額の5460円のプランを選択できます。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。