ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「JAP18問題」を韓国メディアが報道 日本の嫌韓ネチズンが激怒中…犯人捜しも

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フジテレビの人気ドラマ『それでも、生きていく』に登場した架空の週刊誌に「JAP18」という日本人を蔑視する韓国語スラングが登場し、ネットで大騒ぎになっているJAP18問題が、韓国でも報じられた。

報じたのは韓国メディア『国民日報』。9月11日付の「“JAP18だなんて”…フジTVドラマ日本卑下疑惑」というタイトルの記事で、騒動が起きた経緯や、日本のネットで物議をかもし、犯人捜しが行われていることなどを伝えた。

記事では、「『それでも、生きていく』に小道具として登場した週刊誌には“JAP18”という単語が書かれていた。該当週刊誌は、週刊誌『フライデー』をまねて作られたもので、問題の単語は日本のアイドルグループ『AKB48』をもじったて付けられていた」と騒動の発端について伝えた。

「JAP18」については、「英語圏で日本人を罵倒するときに使う“JAP”と、韓国で性交を連想させる悪口を数字で表した“18(シッパル)”を組み合わせたもの」と説明。「JAP18」に強く反発した日本の嫌韓ネチズン(インターネットユーザー)たちが犯人捜しを始め、「韓国語が堪能」で「過去にブログなどでJAPという単語を使ったことがある」ドラマ関係者で、架空の週刊誌に「大学時代の知人3人の名前が記載されていたこと」などから、“JAP18”を使ったのは助監督のA氏と特定されたと伝えた。

さらに、問題となった週刊誌の発行日が、フジテレビの韓流偏重抗議デモが起きた日と同じ「8/21」となっていたことから、日本ネチズンたちは「意図的な仕業」との見方を示しているとし、掲示板『2ちゃんねる』などには「フジTVはまた炎上してほしいのか」、「地上波がこんな卑劣な行動をするなんて信じられない」などのコメントがひっきりなしに書き込まれているとした。

フジテレビに対する韓流批判が冷めやらぬ中で起きた今回の騒動。韓国メディアはいまのところ同問題を客観的事実しか伝えておらず、どう見ているのかは不明だ。だが、同国で「18」という数字が悪口として使われていることに間違いはないようだ。

記者が韓国側の報道で気になったのは、日本で韓流批判が起きると多くの韓国メディアがここぞとばかり取り上げるにも関わらず、今回の問題はたった1社しか報じていないこと。自分たちに向けられた悪口でないため、あまり興味ないということだろうか? それから、日本メディアの引用元として『ゲットニュース』と記述してあったのも気になった。韓国メディアのみなさま、正確には『ガジェット通信』なのでお間違えなく!

※画像:国民日報から引用

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。[リンク]

朴 美奈の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。