体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【超オススメ】個性的なのにどこか不思議で落ち着く! ロンドンのサーペンタイン・ギャラリー

IMG_9402-s

モダン・アート公園のメッカ、ロンドン

大英帝国時代の絢爛豪華な建築群が延々と軒を連ねる一方、人種問わず若い男女がモダンな装いでスケボーを乗り回し、そこら中にグラフィティを描きまくるこのロンドンには数多くの博物館・美術館・ギャラリーがあり、その多くが無料である。その種類は極めて多岐に渡り、ウルトラオーソドックスナショナル・ギャラリーから中世オタクの巣のようなサー・ジョン・ソーンズ美術館(ジョン・ソーン閣下大変申し訳ございません)まで実に多種多様である。

一方、ロンドン人は公園が大好きである。隙間があればそこら中に公園を作り、その維持管理に心血を注いでいるように映る。東京に比べ、町中を歩いていて公園に遭遇する率は高い気がする。さらに、公園のスタイルも東京とは異なり、基本的に野原っぱメインで木立は規則正しく理路整然と、といった風なのである。比較的フラットなロンドンの地形と相まって、公園では非常に空が広く見える。筆者の下宿先近くにも体感的に戸山公園の2倍くらいの公園があったが、ロンドンその規模は並と言ったところだった。

今回訪れたギャラリーは、上記の2点が完全に調和して生み出された見事な空間を体感できるものであった。かなり不思議な気分になったので、ロンドンで疲れたらココに来ることを強くオススメいたします。筆者的には、ロンドンで今一番オススメなのもこのギャラリーだ。

では、その『サーペンタイン・ギャラリー』を見てみよう。

ハイドパークを突っ切ってギャラリーへ

IMG_9354-s

件のギャラリーはロンドン最大の公園ハイドパークのほぼ中央に位置するので、ハイドパークの外周5箇所にあるどの駅を使っても良いだろう。今回筆者は、直線距離で最短とみられるランカスター・ゲート駅を使用した。だが、この駅は地上に上がる際にエレベーターを使用しなければならないので、若干不便で時間が掛かる事も予想される。

IMG_9356-s

駅出てすぐ目の前に公園の入り口。駅名が「ゲート」なだけあり、わかりやすい。この時は人の流れも少な目。なお、ターミナル駅のパディントン駅からも歩いて10分程なので、交通の便は非常に良い。

IMG_9359-s

中に入ってまず目に飛び込んでくるのは、美しい噴水と池、そしてクラシックな東屋風の建物。ここはイタリア庭園と呼ばれており、石造りの池の周りや噴水の装飾などを見ていると確かにイタリアに居るような気分になる。

IMG_9458-s

そのイタリア庭園の中央には、イギリス、いや世界の医学史でも特に重要なジェンナーの銅像があるので、「ジェンナーありがとう」と一礼しておこう。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。