体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レンズ沼の底からこんにちは♪ リコーGXR MOUNT A12 で動画を撮る

リコーGXR MOUNT A12 で動画を

写真の世界には「レンズ沼」なる言葉がある。
この沼にはまっている人たちは、何十年も前のレンズを収集しては「この独特の甘さがいい」とか「味がある」などといったよくワカラナイ表現を多用する。あげく、欠点まで「可愛い」と喜んだりする。こうした「どこがいいのか、普通の人にはワカラナイ」レンズの魅力に取りつかれてしまう状態を、「レンズ沼にはまる」と言う。この沼にはまると、数十万円もする中古レンズをポンと買ってしまうようになるそうだ。本当におそろしい。
当然、沼にも大小あるわけだが、中でも最大と思われるのが“ライカMマウント沼”である。ライカMマウント──1954年に誕生したライカM3というカメラに端を発して、世界中に普及したレンズマウントの規格。ドイツ、イギリス、日本、中国、ソヴィエトなどで同規格のレンズが無数ともいえるほど製作されていて、その数は“一生かかっても使い切れない”ほどになるらしい。

この底の見えぬ“ライカMマウント沼”に、リコーがぽっかりと落とし穴を作ってくれた。
同社のGXRというカメラは“ユニット交換式カメラシステム”というユニークなもので(詳しい説明は省きます)、このカメラシステムに『ライカMマウント』のレンズを取り付けられるようにしたユニットがこのたび新発売となった『GXR MOUNT A12』だ。
これまでのミラーレス一眼機にも、マウントアダプターを介してライカMマウントのレンズを使うことはできたが、このユニットは“正式に”準拠している。つまり『GXR MOUNT A12』を装着することで、お手持ちのGXRが“ライカMマウント専用カメラ”になるわけだ。

あまり語られていないが、このユニットにも実は動画機能がある。残念ながらフルHDではなく1280×720サイズまでだが、一応はHDサイズ。つまり……これはライカMマウントのHD動画カメラということになるわけで、おそらくこれは世界初のことではないかと思う。
これはすごいんじゃないかと思い、いつも記事を書かせていただいているビデオカメラ雑誌の編集さんに聞いてみたところ、「ウチではノーマークですね」と素っ気ない答え。まあ、リコーの動画というのはあまり話題になっているのを見たことがないので、仕方のないことかもしれない。
が、それでもライカマウントのレンズで動画を撮ってみたい。というわけで、新品・中古カメラの大手専門店『マップカメラ』さんと、膨大な数のライカレンズを扱っている『エンツォ・カメラ&ウォッチ』さんからレンズをお借りして、テスト撮影をしてみることにした。

「RICOH GXR MOUNT A12 with Leica M Lenses test video」http://www.youtube.com/watch?v=XMrtSUPF5Do

レンズの貸し出しに際して、マップカメラさんからは「お手頃に購入できそうなおすすめレンズ」を。エンツォ・カメラ&ウォッチさんからは「いつか手に入れてみたいおすすめレンズ」を推薦していただいた。

【マップカメラさんから借用】
・フォクトレンダー ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 ASPHⅡ (店頭価格 54,800円)
GXRに装着すると18mm換算になる。かなりワイドかつパンフォーカス。ピント合わせに気をつかわず、パシャパシャ撮っていくのに最適。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。