体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豚カツ(父)とラーメン(息子)がフュージョンした結果 @『道』相模原

michi-tonra031_R

筆者が住まう神奈川県の相模原市は何気にラーメン屋さんが多かったりします。近隣の町田市や八王子市も射程圏内なので、ほぼラーメンで困る事はありません。

しかし!

ぶっちゃけ相模原で一番美味しいラーメン屋さんを教えろと言われると、少々戸惑ってしまうのも事実です。

正直、なかなか良い線を行っているんだけど、「ナンバーワンじゃないよね?」みたいな微妙なラインのラーメン屋さんが多数ある感じなのです。

そんな相模原市ですが、実は”エクストリーム系ラーメン”の宝庫である事が発覚したので、ここに報告致します。

『まんぷく』の『黒鬼ラーメン白トッピング』

m-siro1_R

コチラは相模原でも屈指のX系ラーメン『黒鬼ラーメン白トッピング』で御座います。

詳しい事は過去記事を参照して頂くとして、とりあえずラーメンに生クリームと言う攻めの姿勢は評価出来ますが、カロリー的にキツいのは否めません。

『焼肉はせ川』の『エビ千の香りになってラーメン』(700円)

hase-ebi1_R

そもそもが焼肉屋さんなのにラーメンに本気とか、その時点でアレなのですがコチラの『エビ千の香りになってラーメン』は

「ほぼ駄洒落系ラーメン」

でして、ラーメンに『かっぱえびせん』が入ると言うX系ラーメンになっています。

hase-ebi2_R

ベースは至って普通に美味しい”塩ラーメン的な何か”なので、最終的にはラーメンと『かっぱえびせん』を別々に食べるスタイル、すなわち普通の塩ラーメンとスナック菓子に分けて食べてしまうと言う謎のラーメンで御座います。

『道』の『とんかつラーメン』

michi-tonra024_R

そして相模原でもマニアックな中華料理屋さん『道』の看板メニューが、コチラの『とんかつラーメン』になります。

まあ、あえて言う必要はないと思うのですが、一応はお約束なのであえて言おう!

「とんこつラーメンじゃない!とんかつラーメンだ!!」

知る人ぞ知る『道』

michi-tonra028_R

以前から店の前を通る度に、ちょいちょい気になっていたのですが、あまりに看板が怪しくてスルーしていた筆者で御座います。

しかし、何気に謎のオーラと言うか怪しい雰囲気に惹かれ、なんとなくバイクを止めてみました。

「とんかつラーメン……だと?」

豚骨ラーメンであれば納得ですが、何ゆえ”とんかつ”なのでしょう?

親父のトンカツ!息子の中華!

michi-tonra026_R

なんでも親父のトンカツと息子の中華料理を合わせた結果、生まれた看板メニューだそうです。

「へー、そうなんだ?」

まさに「で?」って言うシチュエーションかと思われる案件で、常識的に考えて

「とんかつチャーハンとかで良いんじゃなかろうか?」

みたいな疑問が尽きないのですが、とりあえずネタ的には面白そうなので入店する事にしてみます。

michi-tonra023_R

っていうか、この『火曜サスペンス劇場』みたいな階段とか建物とか、ちょっと入りにくい感が半端ありません……。

michi-tonra022_R

あと、店内に入る時は”店のスリッパに履き替える”と言う謎のルールも、ちょっといまいち理解に苦しむ筆者です。畳でもないのに靴を脱ぐとか

「土足禁止のヤンチャな車」

を思い出してしまうのは筆者だけでしょうか?

中華料理はガチだった『道』

michi-tonra004_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。