体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドコモがLTE対応Androidタブレット『GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D』『ARROWS Tab LTE F-01D』とLTEサービス『Xi』の新料金を発表

ドコモがLTE対応Androidタブレット『GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D』『ARROWS Tab LTE F-01D』とLTEサービス『Xi』の新料金を発表

NTTドコモは、次世代通信規格のLTEに対応したAndroidタブレット2製品の発表会を開催。同社のLTEサービス『Xi(クロッシィ)』のデータ通信専用プランで新料金をあわせて発表しました。同製品の発売を機に、いままで『ドコモ スマートフォン』のカテゴリーで同列に扱われてきたタブレット製品は、今後『ドコモ タブレット』という新カテゴリーに属することになります。

※記事のすべての写真を表示するにはガジェット通信記事ページをご覧ください

ドコモのLTEサービス『Xi』は、受信時で最大37.5Mbps、送信時で最大12.5Mbpsの高速データ通信を提供するサービス。外出先でも光回線並みの通信速度で利用が可能になります。タブレット2製品はいずれもタブレット用では最新のAndroid 3.2をOSに採用し、薄型・軽量の本体に10.1インチディスプレー、デュアルコアCPUを搭載するモデル。いずれもタブレットをWi-Fiルーターとして利用するテザリングが、『Xi』のデータ通信プランの範囲で利用できます。

世界的な人気機種『GALAXY Tab 10.1』

『GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D』を発表

NTTドコモ代表取締役社長の山田隆持氏は、最初にSAMSUNG電子製の『GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D』を発表。10月上旬の発売を予定しています。

ディスプレー面 背面 厚さ

1.5GHz APQ 8060のデュアルコアCPUを搭載し、Android OSは3.2。厚さは約8.6mmと、7インチの『GALAXY Tab』より3mmも薄く、重量は約565g。バッテリー容量は7000mAhです。既に海外で発売されている人気機種ですが、『spモード』、『ドコモマーケット』といったドコモ独自のサービスに対応します。

『GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D』主な仕様
OS:Android 3.2
ディスプレー:10.1インチ 1280×800ドット ワイドXGA TFT 1677万7216色
3G連続待ち受け時間:未定
LTE連続待ち受け時間:未定
GSM連続待ち受け時間:GSM非対応
外部メモリー:microSD/microSDHC/SDカード(2GB/32GB/32GB)
カメラ:有効画素数約320万CMOS
インカメラ:有効画素数約220万CMOS
HSDPA/HSUPA:14/5.7
Bluetooth:3.0+EDR
ROM:16GB
RAM:1GB
サイズ:約W257×D8.6×H175mm
重量:約565g
カラー:Pure White

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。