3Gインターネット国内最安! イオンSIM(980円プラン)のレビュー

Pocket
LINEで送る

2011.09.07 19:00 記者 : カテゴリー : デジタル タグ :

3Gインターネット国内最安! イオンSIM(980円プラン)のレビュー
※本稿はガジェット通信アンドロイド記者なむわんさんからの寄稿です
[アンドロイド記者について]

3Gインターネットをするなら国内最安!月額980円(+ユニバーサルサービス料7円)で使い放題のb-mobileイオン限定SIMのレビューをお送りいたします。

そもそもイオンSIMとは?

ドコモのネットワーク回線を借りて携帯電話事業を行っている日本通信(b-mobile)という会社があります。b-mobileは主に音声通話ができず、パケット通信のみを行うデータ通信専用のサービスを行っています。ドコモの高品質なネットワークを割安な料金で利用できるのが魅力です。

購入はイオンの販売店で

月額980円の激安プランはイオンSIMの販売店でしか売られていません。最寄りのイオンSIM販売店で購入することになります。詳しい販売店は http://www.bmobile.ne.jp/aeon/shop.html にてご確認ください。

また、事前に在庫があるかどうか電話にて確認することを強くおすすめします。近場のイオンが取扱店だったため確認せずに行ったところ、在庫もなく、研修なども受けていない(これは正直どうかと思いましたが……)と言われてしまい、残念な思いをしました。 さらに、購入には以下のものが必要となります。

・本人確認書類(免許証など)
・クレジットカード
・利用可能なメールアドレス

申し込み書に必要事項を記入し、本人確認書類とともに登録センターにFAXをして5分程度で終了。後はSIMカード購入代金の3150円を支払えば購入完了! 30分程度で購入が完了し、すぐに使用することができるのも魅力でしょうか。

購入後は即利用可能!

早速SIMカードを取り出し、利用予定だった『Xperia acro』に装着。APN設定をするだけで即通信ができるようになりました。ココまで簡単だとちょっと怖くなってきますが、ちゃんと使えます(ドコモから出ている端末なら基本的には特別な手続きをすることなく利用可能) 。

早速利用してみましたが、『Twitter』などの文字ベースのやりとりならとても快適です。メールもストレスなく使うことができます。通常のドコモSIMを使って通信しているのと間違えてしまうくらい普通に使えてしまいます。

安いし手軽だし良いことばかり! 欠点は…?

実は月額980円という激安を実現するために通信速度が100kbpsに制限されているのです。そのため、画像を多用しているホームページの閲覧や、動画の再生などダウンロードのスピードが欲しいものほどストレスを感じるようになります。具体的にはこんなことをするとストレスに感じます。

・アプリのダウンロードやアップデート
・ホームページなどの画像・動画の読み込み
・『Youtube』、『ニコニコ動画』などの閲覧

スマートフォンを使っている場合、アプリのダウンロードがストレスに感じるのはかなりの問題です。それでも私がイオンSIMを購入した理由として、SIMカードが装着されていないと使えないアプリの利用(JR東日本の『モバイルSuica』)がありました。ただし、ドコモのケータイクレジット『iD』など『SPモード』での通信が必須なものはイオンSIMでも利用できません。

複数台端末を使っている人におすすめ!

スマートフォンを複数台所有していて、音声通話せず、『Twitter』など画像や動画を伴わない利用を想定しているなら、イオンSIMは最適な選択肢になると思います。また、自宅には無線LAN環境が整っており、アプリのダウンロードなどは家でやればいいと割り切った使い方をすれば月額980円というのはかなり魅力的なのではないでしょうか。

さらに、私のように複数端末を利用していてメイン端末(音声通話もパケット通信も利用)以外の端末でなおかつSIMカードを到着していなければならない端末には最適です! また、ポータブルWi-Fiで複数端末を利用していて、念のために単独で通信できる端末を持っておきたい方にもおすすめです。

※本稿はガジェット通信アンドロイド記者なむわんさんからの寄稿です
[アンドロイド記者について]

寄稿

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket
LINEで送る

関連記事

シネックスインフォテックは、レノボのAndroidタブレット『YOGA TABLET 8』に、SIMフリーでIIJのプリペイドSIMを同梱したモデルを2月1日に発売。発売前に試用してみたのでレビューをお届けします。 『Y...続きを読む

ドコモ冬春モデルから一部端末に搭載された、緊急時にバッテリーの消費量を50%に抑えてバッテリーを長持ちさせる『緊急時長持ちモード』。ガジェット通信では以前、『GALAXY J SC-02F』を使ってこのモードでどれぐらいバッテリーが持...続きを読む

Googleの“Nexus”スマートフォン最新機種『Nexus 5』。日本ではイー・モバイルが11月15日に発売、2.1GHzのソフトバンクのLTEと1.7GHzのイー・モバイルのLTEに対応して提供されています。最先端のスペックとA...続きを読む

先日、ガジェット通信で「バッテリーが7日半持つ驚異の結果に! 『S4』後継の最新型スマホ『GALAXY J』の『緊急時長持ちモード』を徹底検証」 http://getnews.jp/archives/452581[リンク] と...続きを読む

10月31日に発売されたドコモ冬春モデルのAndroidスマートフォン『GALAXY J SC-02F』。『GALAXY S4』の後継という最新鋭のスペックもさることながら、緊急時にバッテリーの消費量を50%に抑えてバッテリーを長持ち...続きを読む

新着記事

本日はついに『iPhone 6』『iPhone 6 Plus』の発売日である。銀座では数日前から列が出来ていたようだが、恒例の表参道に並ぶことにした。そんなわけで現地からのレポートである。到着したのが4時30分頃で現在は5時。スタッフ...続きを読む

恵比寿駅から徒歩5分のところにある『GALLETE STAND(ガレットスタンド)』さんは、ワンコインの500円で本格的なガレットが食べれることが魅力のお店です。テイクアウトも行っており、気軽にガレットを楽しめます。 『GALL...続きを読む

シューズの踵に付けるだけ。ランニングフォームを解析してくれる runScribe 大きな盛り上がりを見せている運動用のウェアラブルデバイス。製品によって機能の方向性はさまざまですが、ランニングフォームのデータ分析にグッとフォーカ...続きを読む

太陽光充電とモバイル通信で24時間365日ホームセキュリティ『GeckoEye』とは ここ最近は、kickstaterの方も面白いガジェットがあまり無いなぁ~と思いながら、久しぶりに「IndieGogo」を、ざっと眺めていると、気に...続きを読む

仕事帰りにプハ~ッと一杯。疲れた体にしみわたる極上のビールって最高ですよね。今回のお取り寄せは、ブルワリー『いわて蔵ビール』のクラフトビール『牡蠣の黒ビール(オイスタースタウト)』。こちらは、なんと海の幸、牡蠣を使って醸造されたビール...続きを読む