体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時間無制限&持ち込み自由! 新感覚のお店で楽しむ”甘いお酒と甘いモノ”

SHM_24

疲れた時、元気が出ない時、心と体にしみるのがお酒と甘いもの。しかし、お酒も甘いものも「摂り過ぎると体に良くない」「太る」などの理由から、大好きでもセーブしているという人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな日頃の我慢を吹っ飛ばす、お酒が好きな人も、甘いモノが好きな人も大満足の、”甘いお酒&甘いもの”という究極の組み合わせを楽しめるイベントに行ってきました。

自由さに驚き!新スタイルの飲み比べ店

渋谷ハチ公口から徒歩2分。TOHOシネマズ渋谷を過ぎ、渋谷マークシティ側に入った路地にそのお店はあります。やたらとラーメン屋が多い一角です。

SHM_53

この看板が目印の『SHUGAR MARKET』は、新しいスタイルでお酒を自由に飲み比べできるお店。具体的には

・全国各地の梅酒・果実酒を時間無制限で自由に飲み比べ
・お店の冷蔵庫から自由にお酒を出して飲める
・好みに応じてロック/ソーダ割り/お酒をミックス/アイスにかけてOK
・食品の持ち込み/デリバリー/出入りも自由

もちろん、「火気厳禁」「吐くまで飲まない」「お店を出るときはスタッフに一声かける」「ニオイの強い食べ物はNG」など、お店のルールは守らなければいけませんが、それさえ守れば相当自由に楽しめる、とにかくそのフリースタイルぶりに驚きです。

「お酒の蔵元にはそれぞれのストーリーがあります。飲み放題ではなく、楽しく飲み比べることで様々な地域のお酒の魅力を知ってほしい」と語るのは、『SHUGAR MARKET』運営会社の(株)リカー・イノベーションの辻本翔さん。

持ち込み自由ですから、自宅から作ったおつまみやお惣菜を持ってきたり、ピザなどを届けてもらったりすることも可能です。お店のスタッフにひと声かけてちょっとラーメンを食べてくる、といったこともできます。マークシティや渋谷駅も近いですから、好きなおつまみを買ってきて持ち込み、お酒を楽しむのも楽しそうですよね。

中でも筆者が気に入ったのはこの、ソーダ割が自分で調節できるサーバー。

SHM_14

「ちょっとソーダ割りにしたいな」と思ったら、自分で好きにソーダ割りができます。

SHM_51

こちらはグラス洗い器。グラス交換制ではないのでここでジャーっと洗って、また次のお酒に行くのです。ジャーっと。

これがどうにも面白くて、ついつい、グラスが空くたびにニヤニヤしながらジャージャーしに行ってしまいました。

シュガーロードから続く、佐賀の知られざる”甘いモノ文化”

『SHUGAR MARKET』は、2月18日(木)から2月29日(月)の期間限定で、佐賀県とコラボし、佐賀が誇る甘いお酒と甘い銘菓を紹介しながら『甘いお酒と甘いものを組み合わせる』新しいお酒の楽しみ方を提案しています。(http://shugar.jp/sagaprise/)

SHM_57

なんでも佐賀県には『甘口の醤油で味付けした料理をお酒に合わせる』『お酒の締めに甘いモノを食べる』という習慣があるのだそう。佐賀が誇る甘いお菓子も和洋いろいろです。

SHM_08

羊羹がサンドされた『ようかんまかろん』。

SHM_50

バニラの風味がやさしい『サブリナ』。しっとりしたクッキーで、中にあんずジャムが入っています。

SHM_07

一口サイズの羊羹『昔ひとくち』。外側が砂糖でシャリっとしているタイプの羊羹です。

鎖国していた江戸時代、唯一の外国との玄関口であった長崎から、砂糖が運ばれてきた『シュガーロード(長崎街道)』があったからなんだとか。当時は非常に貴重だった砂糖。シュガーロードのおかげで、砂糖をふんだんに使ったお菓子づくりが盛んになったんですね。

SHM_01

白いのは、白玉饅頭。中はあんこのシンプルな美味しさです。左は、村岡総本舗のかぼちゃ羊羹と小倉羊羹。通常の水ようかんよりもゼリーに近いぷるぷる感が楽しめます。可愛い鶴の小皿も、焼きものが盛んな佐賀ならではの品です。

SHM_02
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。