ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京急電鉄とアライドアーキテクツ、Android向けのイベント情報アプリ「watav」と連動したイベント情報通知を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京急電鉄とアライドアーキテクツは 2 月 9 日、アライドアーキテクツが提供している Android 向けのイベント情報アプリ「watav」と京急電鉄が発行しているフリーマガジン「なぎさ」を連動させた情報通知サービスを開始しました。今回の連携は、スマートフォンユーザーが京急電鉄の駅に訪れた際に、watav をインストールしている場合に「なぎさ」に掲載されているイベント情報をプッシュ通知するというものです。通知の内容は、イベント情報をまとめた特集ページとして提供されており、ユーザーは特集ページを閲覧してその地域で予定されているイベントを確認することができます。機能を利用するには、ユーザーは watav アプリの通知機能を ON にしておく必要があります。通知サービスは、ユーザーの位置情報を取得する「ジオフェンス」機能と Beacon による発信機能を活用して提供されており、情報発信を行うとともにユーザーの行動データを蓄積して最適な通知頻度やエリアを検証するための実証実験も兼ねています。「watav」(Google Play ストア)Source : アライドアーキテクツ

■関連記事
NTTドコモの雑誌読み放題サービス「dマガジン」がPCに対応
米国のAmazonが「Razer Nabu Watch」の予約を受付中、日本への配送にも対応
パスワード管理アプリ「1Password」がv6.0にバージョンアップ、指紋リーダーをサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP