体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

矛盾ばかりな世界の標識/ルールを守るのも楽じゃない?

矛盾ばかりな世界の標識/ルールを守るのも楽じゃない?

私たちの生活に切っても切れない存在の標識。

普通は注意を呼びかけたり、社会のルールを確認する役目なのに、標識の中には読んだ人を悩ませてしまう困ったものもあります。
海外サイト『oddee.com』では、海外の不思議な標識を紹介しています。

たとえば、入り口に「Enter only(入場のみ)」とあるにも関わらず、そのすぐ背後には、「Do Not Enter(入場するな)」という標識が掲げてあります。いったいどっちなの? と突っ込まずにいられません。

また、電線には次のような警告文が。「電線に触ると即死! 触ると200ドルの罰金を課します」。えーと、つまり、即死だけど罰金は払ってもらいますと、無謀な無茶ぶりです。

そしてまた、入り口の標識ミステリー再び。「Staff & Visitors only(スタッフと訪問者だけ入場可能)」。じゃあ、いったい誰が入れないのでしょうか?

などなど、突っ込みどころ満載のモノ盛りだくさんです。皆さんの身近にも、良く見たら矛盾している標識があるかもしれません。もし見つけたらご一報を!

(文=カトーゴー)

参照元:oddee.com (http://p.tl/jDKa

▼ 入場不可/入場のみ
これが橋なら、端を渡る一休さんのトンチを活用するのですが…

矛盾ばかりな世界の標識/ルールを守るのも楽じゃない?

▼ これは愚かな黄色いステッカーです
自分で自信を卑下するという、マイナス思考のステッカー

矛盾ばかりな世界の標識/ルールを守るのも楽じゃない?

▼ 使用の際は、受話器を取ってください
まだ、電話というものが文化に浸透していない地域らしい

矛盾ばかりな世界の標識/ルールを守るのも楽じゃない?

▼津波ゾーン/津波が発生した場合はビーチから避難してください

「来たっ!」と肉眼で確認できたときには遅いです。
ちなみにサザンの『TSUNAMI』は名曲です

矛盾ばかりな世界の標識/ルールを守るのも楽じゃない?

▼ もしあなたの車がこの標識に当たれば、目の前の橋にももちろん当たります

日本にも「高さ制限」の規制標識がありますが、
写真の注意書きの方が具体的で分かりやすい。

矛盾ばかりな世界の標識/ルールを守るのも楽じゃない?

▼ 電線に触ると即死! 触ると200ドルの罰金を課します

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会