ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アコースティックギターの“健康”をモニターするツールで大事な楽器を守ろう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アコースティックギター弾きにとって、気温が低く乾燥する冬は、要注意のシーズンかもしれない。

乾燥した状態に長くさらされていると、木製のギターにヒビが入ったり、割れたりする危険性がある。なんとかして、大切な楽器を守りたいもの。

それなら、Taylorが開発している「TaylorSense」というギターのモニタリングシステムがよいかもしれない。楽器が良い状態=健康な状態にあるのか、常にモニターし、状態に異変が起きたときには、すぐにBluetoothを通じて専用アプリにアラートを送信してくれるという。

・温度、湿度センサーを搭載

同社の“9 V Expression System”を搭載しているTaylorのギターの中に、スマートバッテリーボックスデバイスを設置して用いる。

デバイスには、湿度計、温度センサーが設置されていて、常に湿度レベルや温度を監視。

湿度レベルが一定基準より低すぎたり、高すぎたりした場合、および高温にさらされたり、急激な温度変化をキャッチした場合には、すぐにユーザーのアプリにアラートを送ってお知らせする。

・衝撃も感知

また、衝撃を感知する機能も保有しており、万一ギターを落としたり、激しい衝撃を受けたりすると、それを検知した時間を記録。

旅行の際などに起きた輸送時の事故記録として残したり、自宅に子どもやペットがいる人が、いち早く異変を知ることができるようになる。

アプリはアラートを発信するだけでなく、他にもチューナー、メトロノーム、練習ツールなど、ギター演奏をサポートする機能があるのも嬉しい。ただし、今のところiOSにしか対応していないようなのでご注意を。

「TaylorSense」は、2016年半ばくらいにリリースを予定している。楽器を良い状態でキープして、演奏のときには最高のパフォーマンスを発揮したいものだ。

TaylorSense

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP