体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大企業で起きている「副業革命」 一つの場所にい続けるべきではない理由とは

大企業で起きている「副業革命」 一つの場所にい続けるべきではない理由とは

 『Forbes JAPAN』副編集長兼シニアライターでノンフィクションライターの藤吉雅春さんによる『福井モデル 未来は地方から始まる』(文藝春秋刊)は、日本の先端を行く富山県富山市や福井県鯖江市への入念な取材をもとに書かれたルポであり、北陸の強さを深く理解できる一冊となっている。
 今回、新刊JPはオーディオブック版『福井モデル』配信に際し、藤吉さんにインタビューを敢行。前編に引き続き、後編をお伝えする。
(取材・文:金井元貴)

――藤吉さんは「週刊文春」の記者を経て、ノンフィクションライターとして独立されます。やはり取材が情報収集の起点になると思いますが、取材する際にどのようなことを大事にされていますか?

藤吉:とりあえず相手の話を聞かないと始まらないので、どんなに苦手な人でも会って話を聞きます。また、話してもらう雰囲気作りは気を使いますけれど、もしその場で疑問が浮かんだり、おかしいと思ったりすることがあったら、遠慮せずに「それは変ではないか」と聞いてしまいますね。相手は怒るかもしれないけれど、本音で話し合うべきでしょうし、そうすることで本当の問題が何か分かることが多いんです。仲良くなることもありますしね。シナリオをあまりつくらず、想定外を楽しむようにしています。

――かなり場に慣れていないと想定外を楽しむのは難しいように思います。

藤吉:確かに若い頃はなかなかできませんね(苦笑)。当時は思い込みが強かったというか、新聞ではこう書いてあったと鵜呑みにしていくと、実はそれが違っていたということもありました。だから心に浮かんだことは、何でも聞いてしまったほうが良いと考えたんです。

――この取材相手はなかなか口を割らずに手ごわかったという人のエピソードを教えて下さい。

藤吉:話してもらえないとか、口が堅いとか、うまくいかないこともありますけれど…。でも具体的な個人ではないのですが、取材慣れしている人は難しいですね。定番の答えを用意されていて、どこかで読んだ話をするので、わくわくしないんです。
そういう意味で、『福井モデル』が自分の仕事と合っていたと思うのは、富山や鯖江で生きている市井の人々の声をたくさん拾えて、生きた町の様子を知ることができたからかもしれません。市民の方々は一人ひとり違う生き方をしていて、それぞれ想いを持っている。市民目線での話を聞けたことは良かったです。

――藤吉さんは現在、副編集長兼シニアライターとして『Forbes JAPAN』に在籍されていますが、そちらのご活動はいかがですか?

藤吉:実はもともと副編集長になる予定はなかったのですが(笑)。机に座っている仕事は性に合わないというか、外に出て人の話を聞くのが好きなんだと再確認しました。
でも、『Forbes』は世界富豪ランキングで有名な経済誌で、テーマは「お金」なんですね。その「お金」がどのようにまわっているのかを知ることは、人間の生活行動を知ることでもあって、経済は人々の営みそのものなんです。その中で、普段会えない人にも会えるのでとても面白い現場だと思います。

大企業で起きている「副業革命」 一つの場所にい続けるべきではない理由とは

――『Forbes JAPAN』はウェブ版もあります。ウェブメディアが乱立し、誰でもライターやジャーナリストになれるようになった中で、これまで活躍していたジャーナリストが苦境に立たされているという話も聞きます。

藤吉:『Forbes JAPAN』の編集をしていても思うのですが、ウェブメディアの文化は、紙の文化とは違いますよね。文章の書き方もまったく異なる。
読者が名文家や名ジャーナリストと出会う機会もどんどん減っているように思いますし、今おっしゃった「誰でもライターやジャーナリストになれるようになった」ということは、その文章や情報のレベルが全体的に下がっていくということでもあると思います。その中で、ジャーナリストがどのように情報を発信していくかということは、極めて重要な課題だと思います。
また、それはジャーナリストだけに言えることではなく、ビジネスマンにも同じことが起きていると思います。どこかの企業に所属していれば安泰だという時代ではなくなりつつある中で、自分の腕をどう磨き、社会の中で生かしていくかという課題はどの人にも当てはまるはずです。今、「副業革命」が起きていると思っていて、大企業でも副業を認めるケースが出てきているんです。その副業を通して、別の組織を見てみたり、自分がいる業界とはまったく異なる人と話してお互い刺激を与えあうわけですね。一つの場所で腕が磨かれる時代は終わり、会社の外で別の視点を得ることも大事だと思いますね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。