体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「電力自由化」はどれだけオトク? 8社で検証してみた

生活・趣味
「電力自由化」はどれだけオトク? 8社で検証してみた

いよいよ4月から電力の自由化がスタートする。すでに多くの電力会社から料金体系や新サービスの発表が続いているが、どう選べばいいのか? そして日経トレンディが2016年のヒット予測に選んだ「新電力トリプルセット割」とはなにか? 気になるオトク度について、2回に分けて紹介しよう。
その1 既存の電力会社が発表した新プランのおトク度をチェック

4月からの電力自由化を前に、連日のように新旧各社から電力料金の新メニューやポイントサービスなどが発表されている。電力とガスや通信費など、他の複数のサービスを組み合わせるセット割も登場している。激しい顧客獲得競争が始まったことは、電力消費者にとってうれしいことではあるが、「どこを選ぶといいのか分からない…」という人がほとんどだろう。

そこで、関西在住の筆者宅のケースで、現時点(1月中旬)の情報をもとに比較検討してみよう。順番は次のとおりで、首都圏や他のエリアでも同様の比較ができるはずだ。

その1)現在契約中の電力会社の新プランを検討
その2)新電力会社のプランを検討
その3)その他、セットプランなどを検討

【※現在の筆者宅の条件】
電力会社:関西電力 契約メニュー:従量電灯A、50A 年間電気料金:16万2372円 年間電気使用量:5598 kWh(月間平均約467kWh) 住居:3人家族でマンション居住、スマートメーター導入済み、電力ピークは6時台と19時台、自宅での仕事も多く日中の電気使用量も比較的多い。

【画像1】筆者宅の2016年1月の時間帯別電気使用量。朝型で活動しているので、22時以降8時までのオトクな「ナイトタイム」の使用量が少ない(画像:SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】筆者宅の2016年1月の時間帯別電気使用量。朝型で活動しているので、22時以降8時までのオトクな「ナイトタイム」の使用量が少ない(画像:SUUMOジャーナル編集部)

なお、以下の料金比較結果は、あくまでも筆者宅の場合なので、各家庭で電気を使用する時間帯や、電気使用量によって結果が異なることは注意してほしい。

まず、既存の大手電力会社ということで関西電力の新プランを考えてみる。1月15日に発表された関西電力の新プラン「eスマート10」は季節や時間帯によって料金単価が異なる仕組みで、ひと月あたりの電気使用量が550kWh(従量電灯A)程度の場合は年間で約3700円~約6900円削減されるというもの。筆者宅では既にスマートメーターが導入されWEBサイトから料金や電力量確認ができる「はぴeみる電」にも登録済みなので、WEBサイト上のシミュレーションボタンを押すだけで新プランの料金が計算された。もちろんスマートメーター未導入でも、「はぴeみる電」に登録していなくても、料金のシミュレーションは行える。

結果は、新メニューの「eスマート10」にすると年間16万2372円が16万6076円と、年間約3700円のアップ!。「eスマート10」は22時から翌朝8時までの「ナイトタイム」が割安になるが、筆者宅は日中の使用量が多いことで逆効果に。また、料金単価が一番高い7月〜9月・13時〜16時の「デイタイム」の電気使用量も多いために料金がアップしてしまうようだ。条件によっては新メニューが安くなるとは限らないことを実感した。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会