体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【航空無線を聞いてみよう】広域帯ハンディレシーバー アイコム IC-R6

みなさん「航空無線」ってご存じですか?一言で言うと飛行機から発せられる無線の事で、飛行機同士や管制塔とのやりとりをしています。今回はこの「航空無線」を聞く為の広域帯ハンディ受信機「アイコム IC-R6」を紹介します。しかし、その前に「無線に関するQ&A」的なものをざっくりと書いておきましょう。「無線とはなんぞや?」という感じで世間的にはマイナーなジャンルですから予備知識ゼロでは話も先に進めません。

Q 「無線を聞く為には資格が必要じゃないの?」
A 無線を受信するだけならば資格は必要なく誰でも出来ます

資格が必要なのは一定以上の出力で電波を発信する場合ですので、航空無線等を聞く為の受信機には資格は必要有りません。ただし、アマチュア無線機など「電波を発信出来る送受信機」を取り扱う場合には当然、それぞれの出力に応じた資格が必要です。
また受信機を使う上での要注意事項として「第三者に内容等を漏洩したりする事」は電波法で禁止されているので違反すると処罰されます。例えば無線で聞いた内容をネット上でブログや掲示板に書き込む事は違法ですので、絶対に行ってはいけません。

Q 「盗聴するのは違法じゃないの?」
A 無線は公開されている電波なので問題有りません

どうしても無線の傍受と言うと「盗聴」と思われる方が多いようですが、警察や消防、航空無線などを受信するのは違法ではありません。これも「電波法」の中にありますが、ざっくり簡単に説明すると「公共の電波を使用しての通信は第三者に聞かれても仕方ない」と言った感じの解釈になっています。
無論、盗聴器を仕掛けてその電波を受信したりするのは違法ですので、盗聴と電波の受信は分けて考えて下さい。

Q 「どんな種類の無線が聞けるのですか?」
A 機種にもよりますが基本的にアナログ無線は受信出来ます

現在は警察や消防無線はデジタル無線にに移行中なので、残念ながら受信する事は出来ません。他にもタクシー無線や自衛隊、鉄道無線などもデジタル化しつつあります。ただし鉄道無線に関してはまだまだデジタル化してる地域(路線)は少ないので、もう数年は受信出来そうです。

Q 「デジタル無線って何?」
A 携帯電話やテレビのデジタル化と同じです

ここら辺の話をすると長くなるので超簡単に省略すると、デジタル通信化する事で送信出来る情報量が増えるので「高音質」の明瞭なやりとりが出来ます。
さらに圧縮して送信された情報(音声など)を受信機で受信した後で「展開」(復元)しなければなりません。この時のコードが分からないと復元出来ないので「隠匿性」が高く警察無線などに向いています。
しかし、デメリットとしてデジタル無線で使用する周波数の特性上「同じ出力の送信機で発信した場合、電波の到達距離が短くなります。
例えば消防無線などは被災して電波の中継地点が何ヶ所か使用出来なくなった場合に、デジタル無線の場合はアナログ無線に大して不利となります。消防無線の場合はデジタル化する事で通信距離が半分程度になるとの試算もあり、通信を傍受されて困る警察無線と違い、何故わざわざデジタル化するのかは大いに疑問です。
今後もデジタル無線が増えると思いますが、広域に電波を飛ばしたい航空無線や放送局のラジオ番組などはアナログ無線として残るでしょう。

Q 「無線を聞いてどうするの?」
A 色々な情報を知る事が出来ます

航空ショーなどで飛行機が進入してくる方向が分かったり、ピットからの無線を聞く事でレース中のタイヤ交換のタイミングが分かったり、電車がなんで止まってて復旧までにどの程度時間がかかるか推測出来たり、巨大なテーマパークで人気キャラクターの居場所を知ったりする事があります。

他にも色々と疑問があるでしょうが、全てを書くと「Q&A」だけで終わってしまうので、このくらいで切り上げさせて頂きます。
無線と言うとマニアックな趣味の代表格みたいな感じですし、上記の様に色々と一般世間に知られていないが故に誤解される趣味ですよね。正直、「無線が趣味です」とか言うと「盗聴マニア」と思われてしまうのが悲しい所です・・・。
とは言え、震災の時などは普通のラジオ以上に役に立つのが「広域帯受信機」で、アマチュア無線と共にもう少し見直されても良いんじゃないかと筆者は思います。普通のラジオと違い、消防無線が聞ければ消火活動や救急活動の状況が把握出来るので「自分の所まで救助や消火に来る余裕がるのか?」などの情報が掴めます。さらに自衛隊や海上保安庁、米軍機などの交信も聞けるので被害の規模や航空機の捜索範囲、捜索状況も推測出来ます。
音質はちょっと悪いですが普通のラジオ放送も受信出来るので、大災害の時には手元に「広域帯ハンディ受信機」があると非常に心強いです。アナログ無線にも「広域に電波を飛ばす」と言うメリットがあるのに消防無線のデジタル化を進める官庁は一体なにを考えているのでしょうかねぇ・・・。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。