ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「福島で皆と一緒にいたいけど・・・」 福島から”疎開”の中学生が語る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
報道陣の質問に答える橋本伽耶さん

 子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク主催の「福島の子どもたちの声を政府に届ける集会」が2011年8月17日、東京・永田町の衆議院第一議員会館で開かれた。この集会には福島県内に住む小学生や、福島県外へ”疎開”した中学生が参加し、内閣府・原子力災害対策本部の職員らに率直な意見と質問をぶつけた。

 「夏休みなので、福島に帰って友達に会うことができた」――。こう話す橋本伽耶さんは、家族と共に福島県から東京に”疎開”している中学生だ。集会では、質問に対しはぐらかすように答える災害対策本部職員に対し、橋本さんが厳しく詰め寄る場面もあった。

 集会後の記者会見で、橋本さんは「今度はもっと(質問に)答えられる人に来てほしい」と話した。これを受けて報道陣から「本当は誰に来てもらいたくて、誰に(話を)聞いてもらいたいか」という質問がなされると、橋本さんは「一番来てほしかったのは総理大臣。あとは文科省の一番偉い人とかそういう人に来てほしかった」と答えた。

「皆と一緒にいたいけど・・・」と橋本さん

 また橋本さんは、「集団疎開をしたいと思っているか」という質問に、「私の転校が決まってから(周りの)皆が原発について真剣に考え始めた。安全じゃないということは学校中の誰もが思っていたと思う」とした上で、

「(私は)福島県に皆と一緒にいたいけど、安全じゃないから転校する人が一杯いるわけだし、皆と一緒だったら福島県じゃないほうがいい」

と答えていた。なお、この集会と記者会見の模様はニコニコ生放送で中継された。

(山下真史)

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 橋本伽耶さんが質問に答える部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv60413992?po=news&ref=news#02:11:17

【関連記事】
チェルノブイリ級の放射能汚染地も? 市民団体が「関東150ヶ所」土壌調査結果を発表
「原発よりも電磁波のほうが怖い」 孫正義×堀義人 対談全文書き起こし(3)
山本太郎「子どもたちの未来を守って」 ”声を政府に届ける”集会に出席
俳優・山本太郎「事務所辞めました」 反原発活動が影響か
元・放射線医学研究官、専門家の「直ちに健康に影響はない」発言を批判

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。