体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シャープの3Dスマートフォンが完成形に 『AQUOS PHONE SH-12C』製品レビュー

シャープの3Dスマートフォンが完成形に 『AQUOS PHONE SH-12C』製品レビュー

NTTドコモのAndroidスマートフォン『AQUOS PHONE SH-12C』製品レビューをお届けします。auでは『AQUOS PHONE IS11SH』、ソフトバンクからは『AQUOS PHONE Softbank 006SH』として発売されている同製品。シャープが取り組んできた“3Dスマートフォン”の完成形と言える製品に仕上がっています。

シャープ製スマートフォンの歴史を振り返る

ディスプレー面 背面

『SH-12C』は、OSにAndroid 2.3を採用し、ツインカメラと3D液晶を搭載したスマートフォン。裸眼で立体視できる4.2インチのディスプレーを見ながら静止画や動画を撮影できます。

この製品の特徴を説明するには、シャープがこれまでに開発してきたスマートフォンの歴史をひもといてみるのがよいでしょう。同社が最初に発表したAndroidスマートフォンは、クラムシェル型でフルキーボードを搭載する『IS01』『LYNX SH-10B』という意表を突いた製品でしたが、その後au向けに『IS03』『IS05』とベーシックなタッチパネル式スマートフォンを提供し、ドコモ向けの『LYNX 3D SH-03C』、ソフトバンク向けの『GALAPAGOS 003SH』で3Dディスプレーを搭載した端末を提供します。

ここでシャープは充実したスペックや最新OSを搭載したグローバルモデルのスマートフォンに対して、『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線というガラパゴス機能に加え3D機能をフィーチャーして勝負していくという戦略を打ち出しました。スライド式キーボードを搭載したソフトバンク向け『GALAPAGOS 005SH』、au向け『IS11SH』にもこの戦略は引き継がれ、いずれも3Dディスプレーを搭載しています。

ただし、これら3Dディスプレーを搭載したスマートフォンは3Dコンテンツを裸眼で楽しめるものの、撮影の機能ではカメラをスライドさせて擬似的に3D写真を撮影する機能にとどまりました。2011年夏モデルで登場した『AQUOS PHONE SH-12C』、『AQUOS PHONE IS12SH』、『AQUOS PHONE 006SH』では、ツインカメラの搭載により3Dの静止画と動画を撮影可能になり、シャープの3Dスマートフォンの完成形といえる端末になっています。

あらゆる面で3Dをフィーチャー

迫力のツインカメラ

本体で目を引くのは、やはり3D機能の要であるツインカメラ。ゴロっとした本体にふたつの目が飛び出し、迫力ある印象を持たせています。

レンズに指がかからないように注意

スマートフォン全般に言えることですが、撮影時には指がレンズにかからないように注意が必要です。ツインカメラの場合、指がかかっていてももう一方のレンズからの映像が写っているので、気づかないで撮影してしまう場合もあるかもしれません。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。