ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京産「東京牛乳」の売上げ好調、オリンピックでも活躍?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。1月19日のオンエアでは、「東京牛乳」に注目しました。

みなさんは普段、どんな牛乳を買っていますか? 都内でさまざまな牛乳が売られていますが、「東京牛乳」という牛乳をご存知でしょうか。これは、2006年に都内の酪農家と乳業メーカーが共同で開発した東京産の牛乳。最近では、都内のJAの直売所やスーパー、コンビニにも置かれるようになり、発売当初から比べると、その売り上げは2.5倍ほどに伸びているそう。

都内で牛乳が作られていることは、あまりイメージできないかもしれませんが、かつては東京23区内でも飯田橋などで酪農が盛んに行われていました。しかし、時代と共にその数は減少し、現在は1軒のみ。しかし、23区外の酪農家の数を合わせると、東京には現在46軒あり、その8割が東京牛乳に参加しており、毎日およそ750頭から牛乳が絞られているそうです。気になるそのお味は?

「甘さがあるし、牛乳のクセがない。さっぱりしています。東京の酪農家から工場が近いため、すぐに牛乳に製品化されるので、ダメージが少なく新鮮さが保たれているのかなと思います」と話すのは、生産に携わっている東京都酪農業協同組合の組合長、平野正延さん。「消費者と生産者の距離が近く、地産地消というか顔も見えるので、東京の方々に牛乳を飲んでもらえるのかなと思います」とも。

ちなみにこの東京牛乳は、牛乳としてだけではなく、サブレやラスク、アイスクリームにも使われており、その濃厚な味わいで人気となっているそうです。

さて、この東京産の牛乳。1963年の東京オリンピックには、選手村に卸されていたそうで、2020年の東京オリンピックでも各国のアスリートに飲んでもらおう、という計画が現在進行中だとか。楽しみですね。東京牛乳を見かけたら、そんな過去と未来に思いを馳せて、試しに1本買ってみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP