ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グートが端末とUIを提供する国産スマートフォンブランド『ARATAS』を発表 日本含む世界14地域で販売を予定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


シンガポールGooute(グート)社は1月18日、国産スマートフォンブランド『ARATAS(アラタス)』を発表。2016年春に第1弾製品となる端末『KAZE01』『KAZE02』を、日本を含む世界14地域で販売することを明らかにしました。


Gooute社はニフティ出身の横地俊哉氏がCEOを務め、端末メーカー向けに筐体デザインやユーザーインタフェース、コンテンツサービスを提供するマーケティング企業。第1弾製品は元amadanaデザイナーの鄭秀和氏が代表を務めるインテンショナリーズが筐体デザインを担当し、中国Kingtech Mobile社が製造を担当します。


『KAZE01』は、スタイリッシュなデザインを採用したスマートフォン。販売想定価格は160米ドル。


『KAZE02』は、丸みを帯びたデザインを採用したスマートフォン。販売想定価格は140米ドル。

端末スペックはLTE対応のミドルレンジクラスで、いずれもOSにAndroid 5.1、1.3GHzのクアッドコアCPU、5.0インチHDディスプレー、800万画素カメラ、8GBのROMと1GBのRAM、2200mAhのバッテリーを搭載します。

『KAZE01』『KAZE02』と共に、インド、インドネシア、フランス、フィリピン、スペイン、南米、北米、シンガポール、台湾、香港、マレーシア、バングラデシュ、ベトナム、日本の14地域で販売を予定しています。年内の販売目標は30万台とのこと。


『KAZE02』と同じデザインの4インチサイズで、3G対応のローエンドモデル『N01』の開発も予定。こちらは販売想定価格80米ドルで、新興国の市場をターゲットにしているとのこと。


日本人クリエーターが制作した起動画面や壁紙、アイコン、音源などユーザーインタフェース一式を『ARATAS UI』としてパッケージ化。端末メーカーなどパートナーに提供していきます。


各国に対応したニュースのキュレーションや情報を提供するアプリ『LOUCUS(ルーカス)』や、独自のコンテンツマーケット『GOOUME(グーミィ)』から構成するコンテンツサービス『ARATAS NET』の提供も予定しています。世界最大級のモバイル広告ネットワークを運営するインドInMobi社と提携して『ARATAS NET』上に広告を掲載し、『ARATAS』スマートフォンをプラットフォームにして収益化を図っていくビジネスモデル。『ARATAS NET』は複数のODMや端末メーカーと契約済みで、年内に5000万~1億台の搭載を見込んでいるとのこと。

コモディティ化が進み、差別化が難しくなっている低価格帯のスマートフォンに、日本人によるデザインの筐体やユーザーインタフェース、コンテンツサービスを提供して付加価値を持たせ、グローバル展開していくというユニークな取り組み。海外市場でどのように受け入れられていくのか、今後の展開に注目できそうです。

ARATAS Image movie(YouTube)
https://youtu.be/I9FBhYMOwMA

グート/Gooute
http://www.gooute.com/jp/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP