体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【デカ盛り】アナログな中華料理屋さんで『超特大かた焼きそば』を食す! @『長城飯店』町田

chan-saraudon030_R

漢には自分の世界がある。

例えるなら空を駆ける一筋の超特大かた焼きそば……

というわけで、男の美学を追究する筆者はラーメンを追求し、カレーを探求しプリン体(ほぼ悪魔)と戦う日々を送っています。

この日、なんとなくオダサガの『おさ』で『カレーハンバーグWithベーコン』を食べようとルンルン気分で出掛けたのですが、気が付いたら町田市にある『天国屋』で『太刀魚煮干し花形スペシャル』を食べていました。

そして、帰りに『油そば専門店 noodle SPUNKY』みたいな店でジャンキーな”油そば”をキメようと思ったのですが、軽くタブレットを忘れて地図が見れない的な何かです。

「そうだコンビニで地図を買おう」(立ち読みしよう)

とナイスアイデアが生まれたのですが、スマホやカーナビ全盛の21世紀にはコンビニには地図など売っていないと言う罠で御座います。

いや~、昔は必ず地図も売ってたんですけどねぇ……。

デジタルに頼らない野生の勘

chan-saraudon000_R

仕方ないので記憶にあるラーメン屋さんを目指しバイクを走らせ、現地に到着した筆者。

しかし!

俺の中の海原雄山と言うかゴーストが囁くのです……。

「今、行くべき店はそこじゃない」

隣の店、二軒とも謎のオーラを放っていて目が釘付けになる筆者で御座います。

筆者に訪れた究極の二択!

chan-saraudon020_R

時は2016年1月X日……(真冬)。

chan-saraudon019_R

「残暑サービス 生ビール280円だ…と?」

どこまで残暑だよって話ですが、生ビールが280円とかココは天国ですか?

さらに!

ラーメン屋さんの隣の隣の店はこんな感じです。

chan-saraudon003_R

「激辛担々麺大盛り20分で完食無料&ボトル1本サービス」

マジか!!!

chan-saraudon004_R

「無理な方、2000円です」

それもマジか……。

さらに元の店に視線を戻すと

chan-saraudon005_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。