ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【えひめ最新レポ】 真珠とコラボした砥部焼 女性プロデュースの「とべりて」が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫


全国的に有名な焼き物「砥部焼」の故郷、砥部町でいま、「とべりて」が話題です。
砥部焼と作り手、この2つの言葉を合わせて「とべりて」。始まりは2013年、砥部焼の窯(かま)を超え、7人の女性たちが集まった活動です。女性ならではのアイデアを生かし、伝統ある砥部焼のPR活動、商品開発などに取り組んできました。JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」の食堂車に使用する食器、道後温泉の宿泊施設とのコラボレーションなど、女性ならではのアイデアで新しい作品を生み出しています。
愛媛県の特産品の1つ、真珠とのコラボレーションも。製品にはできないバロックと呼ばれる真珠を取り入れ、磁気と真珠の組み合わせは全国でも珍しい組み合わせ。アクセサリートレー、愛媛県のイメージアップキャラクター「みきゃん」の真珠つきブローチなどをこれまで製作しました。新作は、ティアラと王冠です。ひと目見ただけではとても磁器とはわからないほど、高級感ただよう作品となりました。

さらに、中村時広・愛媛県知事が「砥部焼の風鈴はとてもいい音色だから、これに音階をつけたらどうか」という一言から、ハンドベル制作もスタート。1年かけて「ド」から「ラ」まで昨年完成させ、レパートリーは3曲になっています。とべりてのメンバーが猛練習して中村知事の前で披露したほか、イベントなどでも演奏されています。
女性たちによって開拓された、伝統ある砥部焼の新しい世界。次にどんな作品が出てくるのか、楽しみです。


いよ観ネットhttp://www.iyokannet.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ】
・東京スカイツリータウンに信楽焼スペシャル「虹色たぬき」初登場 
・日本最大級! 西条発 食べたら福が来る巨大「柿」
・地元客8割! 郷土に根付いた歴史ある「宇和島闘牛」魅力ポイント

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP