体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「あと1発の事故は絶対に起こしてはいけない」 孫正義×堀義人 対談全文書き起こし(8)

孫正義氏「東芝や日立に対する批判が少なすぎるんじゃないか」

 グロービス代表堀義人氏のツイートがきっかけで2011年8月5日に実現した「『孫正義×堀義人』トコトン議論 ~日本のエネルギー政策を考える~」。孫正義氏と掘氏のフリーディスカッションだけで2時間を超えた。討論の後半には、孫氏が「あと1発、(原発)事故がおきたらもう大変。そのことは堀さんも同意いただいた」と語るなど、両者の意見が合致する部分も見えてきた。

・番組を視聴する – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv58739430?po=news&ref=news#2:56:36

 以下、孫氏と堀氏のやりとりを全文、書き起こして紹介する。

「たいがいにせい!利益は1円もいらない!」 孫正義×堀義人 対談全文書き起こし(7)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw97499

■「東芝や日立は原発を作ることも社会貢献と思っている」。

掘義人氏「東芝も三菱重工も世界のエネルギーに貢献しようという気持ち」

堀義人氏(以下、掘): 一方では、東芝にしても三菱重工にしても日立にしても今、原子力を輸出しているわけですが、世界のエネルギーに対して貢献していこうという気持ちでやっているわけです。CO2も減るし。それに対して、否定をするのではなくて肯定的に見ていただきたい。

孫正義氏(以下、孫): 僕はそもそも東芝や日立の人にも一度言っておきたいことがある。今回、東電だなんだと強烈に批判されているけど、そもそもが東芝や日立に対する批判が少なすぎるんじゃないかと。彼らが(原発を)納めたのではないのか。

: 今回、GE(ゼネラル・エレクトリック)のやつですよね。

: GEのやつをマネージしているわけですよね。GEの人にも聞いたけど、GEの人は「私は発注されたスペックのときには『震度はこのくらい未満であればよろしい』と、発注された通りのスペックで収めました」と居直っている。発注した側は「このくらいしか震度はないんだ。津波は無いんだ」と言ったからそういう設計だった、と。もっと震度があるかもしれない、津波があるかもしれないというならば、もっと頑丈なものを作っていたというわけですよね。

 だから発注する側の責任と、その発注に関わったエンジニアも含めて、その後のオペレーションをやっている東芝や日立の人は、そのことについてぜんぜん頬かぶりということについて、僕はいささか疑問がある。その上で(原発を)海外にどんどん輸出しようと(している)。最終処理手段がまだ見えていないにも関わらず、最終処理手段がはっきり「私は最終処理方法はこれです」と自信を持って彼らが言えるならば、しかも「安全です」というならば、どんどん輸出していいのかもしれない。まだそれでもクエッションマークが3つあるけど。でも最終処理手段が見えていない。いま起きた事故について、自分が関わっていたものに対しての事故処理がまだやれていないという状況の中で、「原発を輸出させてもらわないと日本の国力が落ちる。経済が不況に陥る。日本の優れたものの輸出を止めてけしからん」と言われても、「ちょっと待って」と僕は思う。

: 孫さんが例えばソフトバンクの新会社、新エネルギーに取り組んでいるというのは、社会貢献ですよね。

: そうです。

: 原子力(発電所)を作るということもこれは社会貢献だと彼らは思っている。孫さんは違うと思っているかもしれない。例えば実際には海外においては、コストの問題を含めて太陽光や風力によって(電力を)賄えない国も多くあるわけです。そういった国に対して、日本のテクノロジーを持って輸出していくと。安全性がもっと高いものを導入していくというのは、日本の社会への貢献だと思う。それをもって「けしからん」ということは・・・。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。