ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Visual StudioでネイティブなAndroidアプリの開発を可能にする「Android++」がオープンソース公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Windows 用ソフトウェア環境「Visual Studio」でネイティブな Android アプリの開発を可能にする「Android++」がオープンソース公開されました。Android++ は C / C++ のネイティブコードで Android アプリを開発するための Visual Studio 用のプラグインで、GitHub で配布されています。Android++ はゲーム・技術開発者であるジャスティンウェッブ氏が主導で開発したもの。彼は、既存の Visual Studio ユーザーがこれまでに身に着けたスキルを Android アプリの開発に応用できようにと Android++ を開発しました。Android++ の代表的な機能は、大多数の Android デバイスにおけるハードウェア・ベンダー制限無しのデバッグ(ライセンスチェックなど)、コンパイラの選択機能、依存性のトラッキング機能、C/C++ や Java をサポートしたカスタムビルドスクリプト、GDB デバッグ機能の統合などです。Source : Android++

■関連記事
Android WearからGoogle Fitのトラッキングが開始できるようになった
BlackBerry、今年後半にもBlackBerry 10.3.4をリリースする予定
Google Playミュージックアプリの検索画面がリニューアル

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP