ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電気代0円のイルミネーション「ZERO」が登場!スマホの充電にも利用可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

太陽電池搭載のクリスマスイルミネーション!電気代ゼロでお財布に優しい

クリスマスに代表されるように、冬はイルミネーションが合う季節。街を彩るイルミネーションを眺めたり、クリスマスツリーを明るく飾って楽しんだりしたかもしれない。

ただ、気になるのが照明にかかる電気代。ヨーロッパでは、クリスマスシーズンに年間およそ60億ユーロ(約7800億円)もの電気料金がかかっているという。

・電気消費ゼロのクリスマスツリーライト

そんなクリスマスツリーの電力問題を解決しようというのが、「ZERO」というイルミネーションツール。太陽電池を活用し、他のエネルギーソースからエネルギーを集めることで、照明にかかる電気代をゼロにしてくれるというものだ。

「ZERO」のキットの中には、4つの太陽電池セル、48個のLEDライトカラーボール、アルミニウム製の部品が入っている。

直径3ミリメートル、長さ15メートルのワイヤーには、20センチメートル間隔で直径15ミリメートルサイズのLEDボールが付いている。

・光電池ジェネレーターがエネルギーを集める

太陽電池セルの大きさは20×80ミリメートル。これを4つの絶縁体と、アルミニウム部品と合わせて組み立てると、プラスとマイナスの電極構造をもつ“光電池ジェネレーター”部分が完成する。

次に、自宅にある卓上ランプの電球を取り外し、光電池部分を折り曲げたジェネレーターを挿入して、先ほど取り外した電球を再び元に戻したら設置は完了だ。

卓上ランプの照明から集めたエネルギーを使って、ダイレクトにツリーのLED照明を点灯させる。もちろん、ツリーの照明を点灯させるためだけにエネルギーを消費することはなく、いわば“照明代タダ”で使用できるので、非常に効率的かつ経済的。

・スマホの充電にも使える

このジェネレーターはツリーの点灯だけでなく、スマートフォンの充電に用いたり、他の電球を点灯させるのに使うこともできるという。

「ZERO」は現在、クラウドファンディングIndiegogoで出資を募集中で、順調にいけば4月に提供開始の見込み。今年の冬には間に合いそうだ。

ZERO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP