体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ナポリタンだけじゃない!あの喫茶店でビーフカレーを食べてみた @『さぼうる2』神保町

saboul-curry018_R

カレーに魂を売った筆者は、年末で人が少ない時期に都内のカレー屋さんを攻略してみました。この時期なら人気店の行列も緩和されているはずなので、ノーモア行列を信条とする筆者にとって最高のチャンスが到来したと言っても過言ではありません。

というわけで、今回は神保町の『さぼうる』もとい『さぼうる2』で御座います。

『さぼうる』と『さぼうる2』

saboul-curry003_R

味わい深い外観のレトロ喫茶『さぼうる』の2号店と言うか、食事を楽しむ方の店舗が向かって右側の『さぼうる2』です。

どちらも行列を作る店で隣り合わせに建物があるので、並ぶ時は間違えないようにしましょう。

saboul-curry002_R

『さぼうる2』と言えばナポリタンも有名ですが、筆者の今回のテーマはカレーなので、とりあえずはカレーにしてみました。

若者に人気の『さぼうる2』

saboul-curry004_R

出版社や本屋が立ち並ぶ神保町は”カレーの街”としても有名で、特にジャガイモを添えた”欧風カレー”と言う文化が定着しています。

しかし!

どの店の欧風カレーも”ちょいちょい良いお値段”(1500円前後)なので、若者達の一番人気は、やはりこの『さぼうる2』だと思います。

老舗喫茶店の人気メニュー『ビーフカレー』を食す!

saboul-curry006_R

周りの店のビーフカレーが1500円前後なのに対して、この『さぼうる2』はサラダも付いて”650円”と非常にリーズナブルになっています。

オーダーすると最初にサラダが運ばれてくるので、まずはサラダを頂きながら待ちましょう。

saboul-curry000_R

同時に運ばれた”福神漬け”も良いですね。この色は美味しい奴な予感です。

意外と本格的な『ビーフカレー』

saboul-curry019_R

周囲の名店に囲まれて、あえて『ビーフカレー』で勝負して大丈夫なのか心配になっていまう筆者ですが、安心して下さい。

「ちゃんと入ってますよ」

流石に他店と比べると”ビーフヂカラ”は足りませんが、十分に普通のカレーと遜色ない具(牛を含む)が入っています。

saboul-curry022_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。