体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

憧れのドイツをイマジンしながらソーセージを作ってみた

sause061_R

男として生まれたならば、誰もが憧れる大きなソーセージ……。というわけで、今回は”ソーセージ作り”にチャレンジしてみました。

ソーセージを作るとなると本格的な道具が必要になると思われがちですが、とりあえず最低限の道具は意外と少なかったりします。

例えばソーセージの肉を詰める”ソーセージフィラー”は、生クリームを絞るようなモノ(2000円前後)で代用出来ますし、あとは肉を練る為のボールとヘラがあれば、どうにかこうにかなります。

憧れのソーセージフィラーを手に入れたぞ!

sause016_R

と、言いながらも自分への誕生日プレゼントとして、ポチっと通販でソーセージフィラーを購入で御座います。

「冒頭で簡単な道具で作れると言ったな」

sause018_R

「アレは嘘だ」

昔は本当に業務用のスペシャルなソーセージフィラーしか売っていなかったので、8万円と高額でした。

しかし!

今は簡易的な業務用と言うか”メイド・イン・チャイナ”なソーセージフィラーが二万円以下で売っているので、何度かソーセージを作るつもりなら買うのも正解かと存じます。

sause020_R

若干、中国製なので本体からタンク(肉を入れる容器)が物理的に引っかかって外れないとか、少々クオリティには疑問が残りますが、そこは外国製なので

「叩いて外し、叩いて入れる」

くらいの勢いで扱う商品と割り切りましょう。一応はステンレスで作られているものの、溶接や細部の仕上げは日本製とは比べものになりませんが、ギアなど大事な部分は最低限の強度は確保してそうだし、パッキンもシリコン製なので耐久力は、まあまあだと思われます。

sause021_R

あと、言うまでもありませんが一番最初に使用する時は、とにかく洗いまくりましょう。

使う豚挽肉は妥協しちゃ駄目!絶対!

sause053_R

そして美味しいソーセージの肝は”美味しい挽き肉”が重要です。ここだけはケチらないで良い挽肉を使った方が確実です。

また食の安全と言う意味でも、売れ残りの肉を挽いてしまうような店は避けた方が無難ですね。

と、言う訳で筆者は相模原市民なので『高座豚』をチョイスしました。

ちょっとお高いブランド豚ですが、その肉質と品質の信頼度からして他に選択肢はありません。また、予約すれば”背脂”も挽いてくれるのも有り難いです。

sause052_R
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。