ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

写真集の発売が噂される『焼肉はせ川』をまとめてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「ネタが尽きたら焼肉はせ川に行け!」

と言われる程に、色々なネタを提供してくれるオダサガ(小田急相模原)のラスボス(一番強い)『焼肉はせ川』(焼肉屋)で御座います。

そんな『焼肉はせ川』を”まとめる”だと?

来年には『焼肉はせ川』の写真集を出そうと企んでいる筆者のプレミア秘蔵お宝恥ずかし写真の数々……とくと御覧あれ!

肉の山脈!『焼肉はせ川』

すでに”イロモノ扱い”な焼肉屋さんとしてイメージが浸透していますが、それは世を忍ぶ仮の姿……本当の『焼肉はせ川』はこんな感じで御座います。

この肉の山を見れば、焼肉に対する本気がマジに伝わりますね。

焼肉をリーズナブルに!『焼肉はせ川』

『上牛タン』(980円)のボリュームと厚さを見て頂きたい。この厚さで食べる牛タンこそ至高ではないでしょうか?

『柔らかハラミ』も、このボリュームで650円と格安で御座います。

通常、焼肉屋さんでは「カルビ二人前」とか二人前単位でオーダーする事も少なくありませんが、この『焼肉はせ川』は大抵が一人前で十分なボリュームがあります。

国産高級和牛の希少部位も激安で!『焼肉はせ川』

『焼肉はせ川』に訪れると、ついつい100円や200円の焼肉をオーダーしてしまいがちですが、それは孔明の罠です。

『焼肉はせ川』をエンジョイするなら、やはり国産高級和牛、しかも希少部位の部分を贅沢に食べるのがベストです。

どれも1280円か1580円ですが、この肉質とボリュームで千円台とか通常の焼肉屋さんでは考えられません。

厚切りにもほどがあるぞ『焼肉はせ川』

だんだん厚切りにしていたら、いつの間にかこんな感じになっちゃったテヘペロみたいな絵ですが、これが『焼肉はせ川』の日常で御座います。

「肉が立つ」

これが当たり前になってしまうと、他の焼肉屋さんでは満足出来なくなる諸刃の剣、素人にはオススメ出来ない。

どんだけ薄く切って利益を出すかに努力する焼肉屋もあれば、どれだけ訪れた人に喜んで貰えるかに血を流す焼肉屋さんもあると言う事ですね。

ぶっちゃけ、もう焼肉屋さんは『焼肉はせ川』だけで良いんじゃないでしょうか?

ブラジリアンソーセージが旨い『焼肉はせ川』

あえて自家製とメニューには書いてありませんが、こんな規格外の大きさのソーセージは販売されていないと思われます。

最近、ソーセージフィラーを買ってソーセージ作りを嗜む筆者ですが、この『ブラジリアンソーセージ』はガチで美味しいと言っておきましょう。

カップル殺しの山盛りサラダ『焼肉はせ川』

『焼肉はせ川』にデートで訪れる幸せそうなカップルを地獄に落とす為のトラップが、コチラの『本日のお勧めサラダ』になります。

焼肉屋に行くと「女子ならサラダは喜ぶだろう」みたいな下心で、さして自分は食べたくもないサラダを

「本日のお勧めサラダを下さい」(NGワード)

みたいな”とりあえずビール”的な軽い気持ちでオーダーし、自ら”死亡フラグ”を立てるスケベな男が後を絶ちません。

出て来たサラダを見て白眼になるカップルと、テーブルに鎮座する”デカ盛りサラダ”と言う芸術的な光景を、筆者は何度見た事でしょうか?

ポテトサラダが、ほぼ無料!『焼肉はせ川』

個人的にサラダ的な何かを欲した場合、コチラの『ポテトサラダ』か『キャベツサラダ』が正解で御座います。

いつも二種類くらい盛り合わせてくれるので、味的にも飽きる事なく、そんなにメガ盛りでは無いので一人で平和に食べられます。

しかも気になるお値段は”100円”と、ほぼ無料と言っても過言ではないサービス価格なのも嬉しいですね。

サイドメニューが鬼だぞ『焼肉はせ川』

正直、筆者の写真フォルダーの中でも一番容量の大きい『焼肉はせ川』をまとめるなど不可能です。

なので、ココからは超ザックリとダイジェストだけ流して、気になる人は過去記事参照プリーズでお願いします。

『イチゴサンド』(500円)

比較的”メガ盛り”にならないので、ある意味初心者向けの優しいメニューかと存じます。

甘さ控えめの生クリームとイチゴの酸味が、イイ感じに焼肉の脂を切ってくれるので、意外と中継ぎで挟むと良い仕事をしてくれます。

『本日のお勧めカレー』(600円くらい)

カレーパーティーみたいなテーブルになっちゃっていますが、これで一人前、すなわち600円です。

どのカレーもエキゾチックな味付けと言うか、非常に本格的なカレーになっていて『焼肉はせ川』の人気メニューのひとつに数えられています。

『濃厚豚骨ラーメン』(600円)

豚の頭をコツコツ煮たのが、コチラの『濃厚豚骨ラーメン』で御座います。この前衛的な盛り付けもアレですが、麺のボリュームが半端ないので二人で食べるには、ちょっと重いメニューですね(全ての写真が一人前と言う…)

しかし!

『焼肉はせ川』のラーメンはどれも美味しいので、出来れば何かしらのラーメンは毎回味見したい衝動に駆られます。

『つけ麺』(800円)

値段は固定だけどパーティー(参加者)によって盛りが変わる恐ろしいメニューがコチラです(奥の皿も込みで一人前)

まず普通でも6~8玉、下手すると10~14玉くらい麺が来るので覚悟が必要かと思われます。なので、あまり食べられないグループであれば

「麺は4玉くらいにして下さい」

と言えば、6玉くらいに加減してくれると思われるので、あまり量を食べられない人達は、麺の量を指定した方が無難かもしれません。

『馬刺し』(650円)

美味しい『馬刺し』がこのボリュームで650円です。他店の2倍ないし3倍は安いと思われ、むしろ食べなきゃ損みたいな錯覚に陥ります。

『馬の握り寿司』(1500円)

サシの入った霜降りの馬刺しを贅沢に握った至極の一品です。

『鉄火丼』(600円)

マグロのハラミを使った『鉄火丼』で御座います。山芋と”お吸い物”まで付いて600円と控えめな価格設定にも関わらず、その盛りっぷりは常軌を逸しています。

普通にラーメンの丼くらいの大きさなので、二人で分けても十分なボリュームです。

兄弟分に『ネギトロ丼』もあるので、もしもメニューに貼ってあったら食べてみる事をオススメします。

『タマゴサンド』(500円)

小腹が空いたレベルのモチベーションの時は、こちらの『タマゴサンド』が適量かと存じます。

一見、ただのタマゴをサンドした感じですが、食べてみると予想の斜め上を行く美味しさに感動する事、間違いなしです。

『東京しょうゆ焼きソバ』(450円)

基本キングサイズ、応用パーティーサイズのサイドメニューを地で行くのが、コチラの『東京しょうゆ焼きソバ』です。

さして”醤油感”の無い焼きソバですが、普通に美味しく頂けるのでオススメです。

『昭和のモンブラン』(350円)

中に隠されたアイスが肝となるデザート。値段とボリュームは比例しないの良い例ですね。

この皿… デザート用の小皿じゃないんだぜ?

『丸ごとメロンとシャーベット』(600円)

『パピンス』(450円)

『アイスとフルーツの(略』

『生(略』

(略

『焼肉はせ川』 総評

何度も紹介しているので今更感もありますが、あえて言おう!

「来年も焼肉はせ川ブッ込むんでヨロシク!」

非常に興味をそそる謎メニューの数々、某有名焼肉店をも凌駕する国産高級和牛、完全予約制なのに電話に出ない硬派な営業スタイルなど、全てがオダサガな『焼肉はせ川』に翻弄された一年だったと締めくくっておきましょう。

『焼肉はせ川』(完全予約制)

住所:神奈川県相模原市南区相模台4-11-6

営業時間 17:00~22:00
定休日:水曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP