ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

フジテレビの韓国推しは今に始まったことでは無かった? 実は15年前から……

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フジテレビの韓国ゴリ押しが何かと話題になっているが、実は15年前からゴリ押しが行われていたのだ。“K-POP”という言葉が浸透する前のことである、人気バラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』にて急遽始まった企画『オジャパメン』がそれである。

『オジャパメン』とは『ダウンタウンのごっつええ感じ』レギュラーメンバーが赤いジャンバーにインカムを付けてダンスと歌でパフォーマンスするというもの。その歌が「オジャパメン ナネガミオジョソ」という何語かわからないものだった。当時聴いていた私は何語かわからなかったが、毎週耳にしていたためこの歌詞を覚えてしまった。この曲、実は韓国語の曲のカヴァーになるのだ。元の曲は『ソバンチャ(消防車)』というアイドルグループが1987年にリリースした『オジャパメン』という曲。それを何の前振りもなくこの人気バラエティ番組に差し込んできたのだ。

当時韓流ブームが来る前だったのか、私が小さかったからかはわからないが、この歌詞が韓国語だとは全く気づかなかった。人気お笑い芸人達が聞き慣れない言葉で歌っていることくらいにしか思わなかっただろう。今思えば韓流の先駆けだったといえる。

この番組では『オジャパメン』に続いて『マウヤケソ』という盆踊り風の曲も流れた。しかしこの2つの曲に使われている歌詞は正しい韓国語では無いのだ。韓国語が分かる人からすれば「なんて言っているのか理解出来ない」とのこと。それもそのはず、聴いた物をそのままカタカナに起こして歌詞にして、それを番組内で歌ったのだ。

この番組は『エキセントリック少年ボウイ』や『日影の忍者勝彦オールスターズ』といった歌を歌う企画が時折行われ、『オジャパメン』もその一環だと思われていた。当時みていたちびっ子や視聴者も、「何故この選曲なのか?」、「何故韓国の曲なのだ」と疑問に思った人は少ないだろう。それは今のようにゴリ押ししておらず、ごく自然にな流れで入ってきたこともあったことが挙げられる。

「『オジャパメン』、『BoA』までは許せる」という人も居るくらいだ。

そんなオジャパメンの曲が頭に残ってる人は多いのではないだろうか。

オジャパメン
マウヤケソ(YouTube)
http://youtu.be/8U_NdLd2HZs

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

■ゴールドラッシュの最新記事
世界美食ランキング50に韓国料理が1個も挙がらず…韓国ネット上はなぜか日本を非難
のむらしんぼ、佐藤秀峰らプロの漫画家が名を連ねるワンコイン似顔絵コーナー
本当に実家暮らしはモテないのか? いいえそんなことありません
韓国人のほとんどの人はカレーをぐちゃぐちゃに混ぜて食べる! カレー以外の食べ物もまぜまぜ
東京大学が『Twitter』の書き込みに対して学生に注意喚起「慎重に考えて責任を持って行動して」

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。