ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

溶ける絨毯!?だまし絵みたいなカーペットが面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カスピ海に面した国、アゼルバイジャンは伝統的なカーペットが有名。

2010年にはユネスコの世界文化遺産にも認定され、国が誇る名産品となっている。

Faig Ahmedさんは、そんなアゼルバイジャンカーペット職人のひとりだが、作品は少し変わっている。

精巧な柄は途中から溶け出すようで、まるでだまし絵!?と思ってしまう。

しかしこれは、伝統的な職人の技によって作られたカーペット。

だまし絵のように見える柄も、一針ずつ刺繍しているという。

 

あまりに奇妙で独創的な彼の作品は、世界でも話題に。

現在はそのテクニックを活かし、彫刻やインスタレーションにも取り組んでいる。

見ているうちに不思議な感覚に襲われるので、気になった方はぜひチェックを!

Faig Ahmed
http://www.faigahmed.com/

アート(まとめ)

ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP