ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神聖かまってちゃん×チームしゃちほこ×tofubeats×アカシック×天才バンドが集結! 貴重なコラボも繰り広げた<unBORDE>クリパが今年も大盛況で終了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年12月23日、レーベル発足から丸5年となったワーナー・ミュージック内の音楽レーベル<unBORDE>のクリスマス・イベント【神聖かまってちゃんとチームしゃちほことtofubeatsとアカシックで勝手にunBORDE Xmas PARTY 2015!!!!!】が開催された。

 前日にアナウンスされた通り、この日は神聖かまってちゃんのちばぎんとみさこ、そしてチームしゃちほこの“DJ”からスタート。開場時間から開演までを盛り上げる。まず先手となったちばぎんとみさこは、きゃりーぱみゅぱみゅの「つけまつける」や、andropの「Yeah! Yeah! Yeah!」など掛けつつ、RIZAPのCM曲や「ガリガリくん」のテーマ曲、「ドン・キホーテ」のテーマ曲などで笑いを誘い場を温めた。そして、チームしゃちほこはメンバー5人が1人ずつ登場、思い思いの選曲に合わせてサイン入りTシャツやタオルを投げ入れるパフォーマンスで、早速クリスマス・パーティらしい大盤振る舞いだ。秋本帆華はSPYAIRの「I’m A Believer」、大黒柚姫はJanne Da Arc「-救世主 メシア-」、坂本遥奈はFTisland「Shinin’ On」、伊藤千由李は世界の終わり(現:SEKAI NO OWARI)「ファンタジー」とノリの良い選曲が続く中、咲良菜緒は、浜田雅功と槇原敬之の「チキンライス」というしっとりとした選曲。咲良は「こんなことになると思ってなくてしんみりした曲を選んでしまいました。」と弁解し、さらに「男性キーなので歌えません。だから歌って下さい。」「歌って!」とファンを煽り、感動的なムードを自ら演出。最後は楽屋から持ってきたというチキンライス弁当の代わりの焼肉弁当を最前列のファンに手渡し、サンタクロースの一人としての使命を果たした

 オープニングDJの後は<unBORDE>のレーベルヘッドである鈴木竜馬氏の開会宣言。「レーベルが立ち上がって、今年でめでたく5周年を迎えることができました!このクリスマス・パーティーも今年で4回目。いつも支えて下さっているみなさんのおかげだと思っています。ムーチョ・グラシアス! 短い時間ではありますが、素敵なクリスマスの思い出を作りましょう! 今年もありがとう!」と、感謝の気持ちを込めたスピーチで幕を開けた。また、スーパー・ササダンゴ・マシンがVTRで登場。スペシャル・プレゼンターとしてイベントの概要や出演者のインフォメーションをアナウンスし、各ライブの前フリ役をつとめることを誓った。

 ライブのトップバッターは今年夏に<unBORDE>からメジャーデビューしたアカシック。この日はHachi(キーボード)がインフルエンザのため欠席、4人でのパフォーマンスとなった。冒頭、白いジャケットに赤のミニスカートで登場したボーカルの理姫が「メリークリスマス! unBORDE!」と挨拶。1曲目の「サイノロジック」から、ノイジーでオルタナ・ロックの要素を含んだ、しかし、ポップな演奏を聴かせる。2曲目では、チームしゃちほこから咲良がコラボ相手として登場。咲良のソロ曲として理姫が作詞、奥脇(ギター)が作曲した「ベイビーミソカツ」で、咲良と理姫がボーカルを分け合う、この日限りのパフォーマンスを披露した(MCでは理姫から咲良へ「来年、曲を作って!」という無茶ぶりも)。その後、再度バンドのみのパフォーマンスに戻ると、「溺愛」、「アルカイックセンチメント」、「CGギャル」と3曲を披露。理姫がMCで現在アルバム制作中であることも明かすなど、来年以降の活躍にも期待の高まるステージだった。

 続いて2番手に登場したのは今年、自身のアルバムで小室哲哉やKREVAなどのアーティストとコラボを果たしたtofubeats。冒頭、去年の<unBORDE>クリスマス・イベントで配られたアーティストの手形色紙の話を持ち出し、「Twitterで、“tofubeatsとチームしゃちほこを交換してくれ!”って言った人がいる! あれは傷ついたな~!」と蒸し返し、場内の笑いを誘った。ライブでは「Don’t Stop The Music」のショートバージョンをイントロに、「STAKEHOLDER」「Too Many Girls feat.KREVA」などをtofubeats自身の歌唱を交えつつ披露。さらに「ディスコの神様」では自らDJブースの前方まで出てきて会場を煽る。その後、「おしえて検索」では神聖かまってちゃんのの子とmonoが登場し、3人のコラボも実現した。中盤「5分間だけ好きなことをやらせて下さい」とtofubeatsが前フリすると、エレキ・サックス(?)のような独特の楽器で「水星 feat. オノマトペ大臣」のイントロをジャジーに吹き、その後「水星」のラップ・パートまで一人で歌い切るというパフォーマンスも披露。また、この日2度目となった「POSITIVE」ではチームしゃちほこから秋本帆華と伊藤千由李がボーカルとして参加、キュートな笑顔と歌声を振りまき、2015年に生まれたJ-POPの新たな名曲をポップに披露した。

 その後、スーパー・ササダンゴ・マシンの「夜中の関越自動車道で聴いてると、そのまま中央分離帯に突っ込みたくなる」というVTRに続いて登場したのが、奇妙礼太郎、Sundayカミデ、テシマコージによる“天才バンド”。今年11月のアルバム『アリスとテレス』でデビューした<unBORDE>のニューカマーは、テシマコージの強烈なドラムソロでステージをスタート。1曲目の「DANCE MUSIC FOR ME!!」から爆音の演奏と高い演奏力で魅せる。「SHIBUYA STRUT」では、Sundayカミデが楽器をピアノからベースにチェンジし、迫力のインスト演奏も披露。Sundayカミデいわく「歌詞に問題ありで2ndアルバムに入れられなかった」(?)という「サバイバルダンス」の弾き語りも挟み、最後はまたしても爆音の「ロックジェネレーション」でスリリングなステージを終了した。THE BAWDIESやOKAMOTO’Sにも匹敵し得る、国内ロック・バンドの新星が、迫力のステージを見せた。

 4番手となったチームしゃちほこは、クリスマスのミサのような雰囲気の中、シスター風衣装で登場。そんななかシスター帆華がクリスマスなのに雪が足りないと不満を漏らすと、その流れで「がんばって歌って踊ればアンボルデの偉いひとが雪を降らせてくれるんじゃない?」ということに。さらに「盛り上がって行けるのかー!」と会場を沸かせると「ザ・スターダストボウリング」からライブをスタートした。その後も、レーベルメイトのゲスの極み乙女。/indigo la Endの川谷絵音が提供した「シャンプーハット」や、 同じくレーベルの先輩であるRIP SLYMEのカバー「JOINT」など<unBORDE>のイベントならではの選曲で魅せる。さらに「J.A.N.A.I.C.A.」では、作曲者であるtofubeatsがステージに呼び込まれ、tofubeatsも完璧な振り付きで同曲のパフォーマンスを披露した。ライブ後半では「そろそろ雪を降らせてくれてもいいんじゃね? 偉い人の竜馬—!」とレーベルヘッドを呼び捨てにしながらのおねだり。それに応えて、ラストの「抱きしめてアンセム」では、ヒートアップした会場に、製雪機から美しい粉雪が舞い降りた。締めの挨拶では「竜馬ありがとうー!」と再び呼び捨てにしつつ感謝を述べ、咲良が「来年は6人で!」とこの日欠場となってしまった安藤ゆずへの想いを滲ませてライブを締めた。

 イベントのラストを締めくくったのは<unBORDE>の第一弾アーティストである神聖かまってちゃん。「かまってちゃんがやってきたぞ!unBORDEといえばかまってちゃんだろ!」とmonoが煽り、「天文学的なその数から」でライブをスタートした。2曲目の「雨宮せつな」はジャンクでラウドでありつつ、どこかクリスマスらしい雰囲気のある曲。コンガのようなパーカッションが印象的な「自分らしく」の間奏では<unBORDE>コールも飛び出した。新曲として披露された「たんぽぽ」では、この日発売となったしゃちほこの新Tシャツをの子が着用しレーベル内でのしゃちほこの愛されぶりも改めて浮き彫りに。そして、ラストはもちろん名曲「ロックンロールは鳴り止まないっ」。サポートメンバーがステージを去り、4人になったかまってちゃんと、今年はチームしゃちほこがゲストに参加。バンドの代表曲であると同時に<unBORDE>のテーマ曲といえる同曲を、タオルを回して一緒に歌い、ライブのエンディングを盛り上げた。

 かまってちゃんの終演後、アンコールならぬ<unBORDE>コールが鳴り止まない中、もう一度レーベルヘッドの鈴木竜馬氏が登場。「今年はサボったアーティストがいるんで、全員そろった形で、ここの3倍くらいの大きさのところでやります!」と宣言しファンの喝采を受けた(詳しくは年明け、1月中旬にも発表されるとのこと)。その後、会場に駆けつけたスーパー・ササダンゴ・マシン本人による<unBORDE>の2015年の躍進についてのプレゼンを経て、もう一度この日の出演者の全員がステージに揃うと、ワーナーの大先輩である山下達郎の「クリスマス・イヴ」を全員で合唱。演奏中、サインボールがアーティストから客席に投げ込まれる平和的な雰囲気の中、イベントは幕を閉じた。個性的なアクトの数々に<unBORDE>の掲げる“One And Only”というポリシーが存分に感じられたこのクリスマスライブ。来年以降の展開にもぜひ期待したい。

撮影:Rui Hashimoto

◎イベント情報
【神聖かまってちゃんとチームしゃちほことtofubeatsとアカシックで勝手にunBORDE Xmas PARTY 2015!!!!!】
2015年12月23日(水・祝)東京・ZEPP TOKYO
15時開場/16時開演

<セットリスト>

(アカシック)
1. サイノロジック
2. ベイビーミソカツ w/咲良菜緒(チームしゃちほこ)
3. 溺愛
4. アルカイックセンチメント
5. CGギャル

(tofubeats)
1. STEALHOLDER
2. POSITIVE
3. TOO MANY GIRL
4. Don’t Stop The Music
5. ディスコの神様
6. 教えて検索 w/の子
7. 水星
8. POSITIVE w/秋本帆華 & 伊藤千由李(チームしゃちほこ)

(天才バンド)
1. DANCE MUSIC FOR ME!!
2. SHIBUYA STRUT
3. Firefly
4. サバイバルダンス
5. ロックジェネレーション

(チームしゃちほこ)
1. ザ・スターダストボウリング
2. シャンプーハット
3. J.A.N.A.I.C.A. w/ tofubeats
4. JOINT
5. そこそこプレミアム
6. 抱きしめてアンセム

(神聖かまってちゃん)
1. 天文学なその数から
2. 雨宮せつな
3. 肉魔法
4. 自分らしく
5. たんぽぽ
6. ねこラジ
7. ロックンロールは鳴り止まないっw/チームしゃちほこ

関連記事リンク(外部サイト)

チームしゃちほこ&ちばぎん&みさこが12/23 unBORDEクリパでオープニングDJ tofubeats×しゃち「POSITIVE」に秋本帆華も参加
チームしゃちほこのソロライブ大トリを飾った大黒柚姫、60分ノンストップの全力投球!ソロコン唯一のアンコールも飛び出し“ここは地球で一番熱い場所” !
チームしゃちほこ 伊藤千由李のソロライブにGEM伊藤千咲美登場、父・母も参加して伊藤家勢ぞろい!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP