ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年13万人以上訪れたデンマークのニセ“エルヴィス博物館”、商標権訴訟で名称変更へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米メンフィスにあるエルヴィス・プレスリーの邸宅“グレイスランド・マンション(Graceland Mansion)”を似せて作ったデンマークのエルヴィス博物館が、“グレイスランド(Graceland)”の商標権侵害訴訟のすえ名称を変更することになった。

 グレイスランド・マンションのレプリカ“グレイスランド・ランダーズ”を2011年に開設したHenrik Knudsenは、テネシー州メンフィスのエルヴィス・プレスリー・エンタープライズInc.より名称変更と150万クローネ(約2,660万円)の賠償金を請求されていることを明らかにしている。

 オリジナル版“グレイスランド”の2倍の広さを持つデンマークのレプリカ版は、首都コペンハーゲンから北西210kmのランダースにあり、同所にはエルヴィスの遺物を集めたKnudsenのプライベート・コレクションをはじめ、アメリカンダイナー・スタイルのレストランや記念品ショップなどがあるという。

 Knudsenは12月22日、同博物館の名称を1月1日付で“メンフィス・マンション(Memphis Mansion)”に変えるとし、これで「事業に専念できる」と話している。

 デンマークのエルヴィス博物館には今年、13万人以上が訪れているそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

ハッピー・クリスマス! 定額制音楽配信サービスにザ・ビートルズの作品が遂に登場
米ビルボード・シングル・チャート1位、2位に停滞中のアデル&ジャスティン・ビーバー、来週は首位交代なるか?
アデル 『25』が前週より売り上げを伸ばし米ビルボード・アルバム・チャート4週目の首位に、ホリデー・アルバム急上昇中

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP