体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

白い空間じゃ物足りない! 新築マンションがDIYとコラボした理由

白い空間じゃ物足りない! 新築マンションがDIYとコラボした理由とは

セルフリノベや家具デコレーションなど、今、ジワリとファンを広げつつあるDIY。そんななか、新築マンションでもDIYとコラボした物件が登場した。アドバイザーがDIYをサポートしてくれるほか、一定時期まで専用工房も確保するとか。さっそく、モデルルームに伺って、その様子を聞いてきた。
新築マンションの空間に満足できない人が増えている?

昨今、テレビや雑誌、SNSなどでも、ひんぱんに目にするようになったDIY。「こんなステキな部屋がDIYでできるの!?」「いつかはやってみたい!」なんて人も多いはず。とはいえ、一般には「DIYによる住まいづくり」といえば、中古マンション・中古一戸建てのイメージが強い。では、なぜ新築マンションで、こうしたDIYをコンセプトに取り入れたのだろうか。今回の「イニシア練馬豊玉」のプロジェクト発案者であるコスモスイニシア レジデンシャル本部統括部事業推進課の村岡慶祐さんに、伺った。

「ひとつは、カフェ風やインダストリアル、ジャンクなど、新築マンションの白い四角い住まいに飽き足らない人が増えたことがあります。とはいえ、プロに依頼すれば高額になりますし、高額な新築マンションに自分たちでいきなり穴を開けたり、壁を塗ったりするのは勇気がいるもの。そこでDIYのプロの力を借りて、バックアップできれば喜ばれるんじゃないか、と考えたのです」と村岡さん。

もともとコスモスイニシアでは、「KASUTAMA(カスタマ)」という、入居者が自分たちらしいカスタマイズを行えるサービスを提供していたほか、「ホームデコレーションサービス」というプロによるインテリアデコレーションサービスを実施していたが、もっと気軽にユーザー自身の感性に合った空間を提案できないかと考えていた。そこで目をつけたのが、DIYというわけだ。

もっとも、それも偶然のたまもの。今回、DIYアドバイザー・プロデュースとして物件に関わっているDIY FACTORY二子玉川の店舗の前を、村岡さんがたまたま通ったのがはじまりだという。

「お店の雰囲気や、訪れるお客さんの楽しそうな様子を見ていて、こことコラボすれば何かオモシロイことができるはず」とひらめいたそう。その後、DIY FACTORYの運営会社である大都ともとんとん拍子に話が進み、晴れてこの秋にモデルルーム公開になった。

【画像1】材料費5万円程度で完成するという、パイプを使ったテレビ台。ちょいジャンクな感じが独特の味わいに(撮影:嘉屋恭子)

【画像1】材料費5万円程度で完成するという、パイプを使ったテレビ台。ちょいジャンクな感じが独特の味わいに(撮影:嘉屋恭子)「工具がない」「家を木くずで汚したくない」そんな不安を解消!

この物件の特徴は、単なる壁紙や塗料の紹介、ワークショップ開催などのイベントだけにとどまらず、どこまでも実用的にDIYの不安を解消しているところ。

1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会